ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

「ネットワーク」の検索結果一覧(1ページ目)

「ネットワーク」の資料は、無料でダウンロードが可能です。「ネットワーク」の比較・検討は TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

1375件(1〜10件を表示しています)

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

レポート

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

既存のリモートアクセスモデルではデジタル時代に対応しきれない3つの理由

働き方改革に伴って、リモートアクセスの利用者が飛躍的に増加している。しかし、従来のリモートアクセスは、現在のような俊敏かつ柔軟なデジタル活用を想定しておらず、さまざまな課題も抱えている。注意すべきポイントはどこにあるのか。

2018/02/15

カテゴリ:
セキュリティ
アクセス管理

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

製品資料

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

境界線なき企業ネットワークをどうシンプルに守る? 鍵は“ゼロトラスト”

企業が守るべきセキュリティの境界線が揺らいでいる。企業ネットワークには、クラウドやBYODなど無数のデバイスやアプリが接続し、従来のように内外を分けて考えられなくなった。この新たな環境で、どんなセキュリティを選ぶべきだろうか。

2018/02/15

カテゴリ:
セキュリティ
アクセス管理

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

製品資料

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

内部ユーザー/アプリさえも信頼しない、ゼロトラストで構築するクラウド防御線

クラウドアプリやモバイル端末の活用が進み、ユーザーやアプリが企業ネットワークの外部に移動する機会が増えている。これにより、内部のユーザーやアプリへの信頼に基づく従来型の脅威対策が揺らぎ始めた。その対策となる新たな概念とは?

2018/02/15

カテゴリ:
セキュリティ
アクセス管理

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

製品資料

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

なぜ「再帰DNS」は標的型攻撃で狙われやすいのか?

サイバー犯罪者は攻撃を進化させるだけでなく、そもそも企業側のセキュリティ意識が薄い“盲点”も突いてくる。中でも注意が必要なのが、インターネットのリクエストに利用される再帰DNSだ。そのリスクと対応策を把握しておこう。

2018/02/15

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

レポート

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目

サイバー犯罪者にとって、DNSはセキュリティ対策の弱点を見つけやすい場所の1つだ。近年におけるDNS攻撃の被害の大きさを考えれば、DNSへ脅威対策を導入することに加え、「6つのベストプラクティス」を実行したい。

2018/02/15

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

NTTテクノクロス株式会社

製品資料

NTTテクノクロス株式会社

USBメモリに頼らない ネットワーク分離環境で安全・効率的なデータ授受の手法

基幹系システムとインターネット接続環境のネットワークを分離する企業・組織は多い。しかし、ネットワークを超えたデータ授受ではUSBメモリを利用することが多く、内部不正など情報漏えいのリスクが高い。どう解決すべきだろうか。

2018/02/14

カテゴリ:
セキュリティ
情報漏えい対策

日本テレマティーク株式会社

製品資料

日本テレマティーク株式会社

シンプルなレポートサービスを活用し、ファイアウォールの運用状況を可視化

高価なファイアウォールを導入したが、さまざまな理由から運用状況の報告に必要なレポートの作成を行えないというケースが多いという。そういった企業は、レポート作成のアウトソーシングを検討すると良いだろう。

2018/02/13

カテゴリ:
セキュリティ
ファイアウォール

シュナイダーエレクトリック株式会社

製品資料

シュナイダーエレクトリック株式会社

ハイブリッド環境の可用性に要注意、エッジコンピューティングを重視すべき理由

可用性への期待がますます高まる中、先進的なクラウドを活用したシステムでも見落とされがちなのがオンプレミスに残るエッジコンピューティング環境だ。エッジを含めたITインフラ全体の耐障害性を可視化し、可用性を高める方法を紹介する。

2018/02/13

カテゴリ:
サーバ&ストレージ
データセンター

株式会社アシスト

製品資料

株式会社アシスト

ブラウザからの感染を防ぐ、リモートブラウザ分離ソリューションとは?

多くの研究調査機関において、組織内のネットワークに入り込むマルウェアの60%以上が、ブラウザを経由している事実が指摘されている。これを防ぐ技術として、注目されているのがリモートブラウザ分離ソリューションだ。

2018/02/08

カテゴリ:
セキュリティ
ウイルス/ワーム/ランサムウェア対策

1375件(1〜10件を表示しています)