IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

「データ分析」の検索結果一覧(3ページ目)

「データ分析」の資料は、無料でダウンロードが可能です。「データ分析」の比較・検討は ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

3140件(21〜30件を表示しています)

SB C&S株式会社

製品資料

SB C&S株式会社

今さら聞けない「生成AI」、ビジネス活用のために押さえておくべき基礎知識

生成AIが急速に普及する一方で、安心安全にメリットを享受するには、正しい理解と準備が必要となる。AIアシスタントとして今注目される「Copilot for Microsoft 365」「Azure OpenAI Service」などを例に、基礎知識や活用方法を解説する。

2024/06/04

カテゴリ:
データ分析
AI/機械学習/ディープラーニング

INFINIDAT JAPAN合同会社

事例

INFINIDAT JAPAN合同会社

データ利活用基盤を強化:NTTコミュニケーションズのストレージ導入事例

データ分析・利活用のニーズが高まる中、アクションのベースとなるデータも膨大な容量となり、今後も増え続けていく見通しだ。そうなると、各企業はデータ利活用基盤として、信頼性や拡張性の高いストレージを求めるようになるだろう。

2024/06/04

カテゴリ:
仮想化
ストレージ仮想化/SDS

ServiceNow Japan合同会社

製品資料

ServiceNow Japan合同会社

生成AI活用の懸念、ガバナンスとデータセキュリティの問題をどう解消する?

さまざまな業界でビジネスへの活用が進む生成AIだが、一方でガバナンスとデータセキュリティへの懸念が強まっている。安全性を確保しつつ、生成AIのメリットを最大化させるためには、どのような環境を構築すればよいのだろうか。

2024/06/03

カテゴリ:
データ分析
AI/機械学習/ディープラーニング

ServiceNow Japan合同会社

製品資料

ServiceNow Japan合同会社

生成AIでカスタマーサービスはどう変わるのか? 調査で見えた現状と未来

ビジネス成功の鍵となるカスタマーエクスペリエンス(CX)だが、リソース不足に伴う担当者の負荷増大が著しい中、どうすれば質を高められるか、悩む企業は多い。そこで期待されるのが、生成AIの活用だ。調査結果を基に、現状と未来を探る。

2024/06/03

カテゴリ:
CX
CTI/ヘルプデスク

日本アイ・ビー・エム株式会社

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

IBMとNVIDIAが語る、AIの価値を高めるデータ活用インフラの構築方法とは?

AIのニーズが高まる一方、その活用に必要な大量のデータが社内で分散し、整理されていないことが原因で、業務に生かせていない企業は多い。この状況を改善するための取り組みを積極的に進めているのが、IBMとNVIDIAだ。

2024/06/03

カテゴリ:
データ分析
AI/機械学習/ディープラーニング

日本アイ・ビー・エム株式会社

市場調査・トレンド

日本アイ・ビー・エム株式会社

生成AIを悪用したサイバー攻撃が急増、サイバーレジリエンス強化のポイントとは

生成AIの登場により、手口がより高度化・巧妙化したサイバー攻撃。多くのCEOがデータ侵害などの被害を懸念しているが、その対応は遅れているのが実情だ。そこで生成AIを活用してサイバーレジリエンスを高める方法について解説する。

2024/06/03

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃/サイバー攻撃

アルテリックス・ジャパン合同会社

製品資料

アルテリックス・ジャパン合同会社

データ分析のパフォーマンスを向上、表計算ソフトから脱却すべき理由と具体策

データ分析業務において、表計算ソフトから脱却し自動分析製品をはじめとする高度な分析ツールに移行する企業が増えてきた。表計算ソフトの課題を基に、ツール移行の必要性や具体策について考えていく。

2024/05/31

カテゴリ:
データ分析
データマイニング/統計解析

株式会社セールスフォース・ジャパン

製品資料

株式会社セールスフォース・ジャパン

顧客/商品データの価値を最大化、CRMとAIの連携が顧客体験に及ぼす効果とは?

B2Cビジネスにおいて、ECサイトと店舗における顧客体験を改善することは、企業価値の向上に欠かせない。そこでカギとなるのが、行動履歴などの顧客データと、商品マスターや在庫データの活用だ。これを実現する、CRMとAIの連携方法とは?

2024/05/30

カテゴリ:
CX
SFA

SB C&S株式会社

製品資料

SB C&S株式会社

ネットワークの保守運用で注目されるAIOps、国内で急速に導入が進む理由は?

企業ネットワークの保守運用にAIを採り入れることで、コストや人的リソースの削減、障害復旧スピードの向上といったメリットを得られるというが、どれだけの効果があるのか。定評のあるクラウドサービスを取り上げ、実際のメリットを探る。

2024/05/30

カテゴリ:
ネットワーク
ネットワーク管理

3140件(21〜30件を表示しています)