IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

「日本アイ・ビー・エム株式会社」のホワイトペーパー一覧(3ページ目)

日本アイ・ビー・エム株式会社の製品資料、技術資料は、無料でダウンロードが可能です。比較・検討は TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

885件(21〜30件を表示しています)

Webキャスト

インシデントの被害額を左右する対応スピード 事例に見る「3つの課題」とは

JPCERTからマルウェア感染の疑いを指摘された国内企業が、事故発生時の対応・体制を定めておらず、インシデント全体の把握や対応の優先順位付けができなかったという事例をよく耳にする。こうした事態に陥らないための対策を紹介する。

2019/09/09

カテゴリ:
経営とIT
リスク管理
Webキャスト

国内で今なお億単位のBEC被害、取引先企業をも悪用するサイバー攻撃の対策は

近年のサイバー攻撃の特徴として裾野の広がりがある。標的企業の取引先企業をも利用しようという攻撃者の狙いから、業界を問わず被害が増えている。さらにIoTによる脆弱性リスクの拡大もあり、対策はますます困難になっている。

2019/09/09

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃
レポート

“データの収益化”に向けた第一歩、データドリブン時代のストレージ活用法

デジタルトランスフォーメーションの取り組みにおいて、多くの企業が「データの資本化/収益化」を最優先事項としている。その実現に向けて解決すべきストレージの課題と解決策とは何か? 調査データを基に解説する。

2019/09/02

カテゴリ:
サーバ&ストレージ
SSD/半導体ストレージ/フラッシュストレージ
事例

安全性・信頼性・可用性を強化、Yahoo! JAPANに学ぶオブジェクトストレージ活用

月間で約725億のページビューを誇る「Yahoo! JAPAN」。その運営を行うヤフーは、膨大なトラフィックにより限界を迎えつつあったストレージ環境をどのように改善したのか。同社の事例からクラウド時代に求められるストレージの条件を探る。

2019/08/30

カテゴリ:
サーバ&ストレージ
クラウドストレージ
製品資料

犯罪者と同じ手法で脆弱性を検証、「侵入テスト」で得られる効果とは?

サイバー攻撃では、ハードウェア、ネットワーク、人員が抱える全ての弱点が狙われる。従来の脆弱性スキャンでは、これらを組み合わせた攻撃シナリオを見逃す可能性があるため、犯罪者と同じ手法を用いる侵入テストの重要性が高まっている。

2019/08/22

カテゴリ:
セキュリティ
脆弱性対策
レポート

今後予想される攻撃は? 脅威分析で見えた“先を見越した対策”の実現法

サイバー犯罪者の攻撃手法は、常に変化を続けている。ランサムウェアの減少が報告されるなど、大きな情勢変化が見られる中、今後予想される攻撃とはどのようなものか。脅威分析の結果を基に、現在のセキュリティ課題と対策を解説する。

2019/08/21

カテゴリ:
セキュリティ
エンドポイントセキュリティ
製品資料

災害時の復旧対策は万全でも、サイバー攻撃からの復旧には対応できているか?

多くの企業がバックアップサイトやDR(災害復旧)サイトの運用において、復旧には十分な自信をもっていても、サイバー攻撃対策としての復旧はどうだろうか。サイバー攻撃からの復旧(サイバーレジリエンス)の考え方、対策を解説する。

2019/07/22

カテゴリ:
システム運用管理
バックアップソフト
レポート

実際に情報漏えい事故を起こした企業から学ぶ、損失額と対策効果

実際に消費者や顧客の個人情報を流出させた企業が被る損失は、いくらになるのだろうか。調査データを基に、個人情報漏えいがもたらす損失額を明らかにするとともに、そのコストを抑制するために必要な事業継続マネジメントの効果を探る。

2019/07/19

カテゴリ:
セキュリティ
情報漏えい対策
レポート

ランサムウェア攻撃の早期発見・早期復旧のために必要なフレームワークとは?

ランサムウェアの手口はさらに巧妙化し、長期間の諜報活動を伴う標的型攻撃へと変化している。この状況下で、有力な指針と目されているのが米国のセキュリティフレームワークNIST CSFだ。国内の企業調査から、その有効性を検証した。

2019/07/04

カテゴリ:
セキュリティ
セキュリティ規格/ポリシー

885件(21〜30件を表示しています)