IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

「経営とIT」の検索結果一覧(4ページ目)

「経営とIT」の資料は、無料でダウンロードが可能です。「経営とIT」の比較・検討は ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

5053件(31〜40件を表示しています)

株式会社東陽テクニカ

技術文書

株式会社東陽テクニカ

未来を予測したサイバー攻撃対策を実現、脅威インテリジェンス活用の秘訣とは?

サイバー攻撃に対しては、「脅威インテリジェンス」で対抗するという考え方が急速に広まりつつある。それでは、今なぜ脅威インテリジェンスの有用性が叫ばれるのか。事例を交えつつ、そのメリットについて解説する。

2020/08/12

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

株式会社東陽テクニカ

レポート

株式会社東陽テクニカ

基礎から分かる「脅威インテリジェンス」、標的型攻撃対策に有効な理由とは?

利益獲得を目的に高度化するサイバー攻撃への対抗策として注目される、「脅威インテリジェンス」。そもそもの言葉の定義やインターネットの構造を踏まえつつ、脅威インテリジェンスの基本を分かりやすく紹介する。

2020/08/12

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

ヴイエムウェア株式会社

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

着手前に把握したい、クラウドリーダーが知るべき「クラウド移行の6つの課題」

クラウド移行のハードルは大きく下がってきたが、それでも移行に失敗するケースは後を絶たない。同じ轍を踏まないためには、課題となりがちな6つのポイントを押さえ、対処法を理解した上で移行を進めるべきだ。

2020/08/12

カテゴリ:
クラウド
クラウドコンピューティング

株式会社東陽テクニカ

製品資料

株式会社東陽テクニカ

人手をかけずに仮想基盤やVDIを運用、アプリの稼働状況を可視化する秘策とは?

仮想基盤やVDIなど、複雑化するITインフラを少ない人員で管理するには、アプリなどの稼働状況を効率的に監視/可視化する仕組みが必要となる。その具体策と目されるのが、仮想スイッチからのパケットを自動分析するモニタリングツールだ。

2020/08/12

カテゴリ:
仮想化
仮想環境管理

ニュータニックス・ジャパン合同会社

製品資料

ニュータニックス・ジャパン合同会社

テレワークに不可欠なVDI、情報漏えいとセキュリティ対策に万全なIT基盤とは?

柔軟な働き方の実現方法としてVDIの活用は選択肢に挙げられることが多いものの、データセキュリティやコンプライアンスにおける懸念は、いまだに根強い。これを解消するためには、どのような機能を重視してVDIを選べばよいのだろうか。

2020/08/11

カテゴリ:
仮想化
デスクトップ仮想化/VDI/DaaS

Contrast Security Japan合同会社

製品資料

Contrast Security Japan合同会社

アプリケーションの開発を効率化、APIを含む脆弱性を自動的に早期発見する方法

アプリケーションをリリースするに当たって必須なのが、その脆弱性を見つけるためのセキュリティテストだ。しかし、その成果は期待に応えるものとはなっていない。なぜ重大な脆弱性がしばしば見過ごされてしまうのか、原因と解決策を探る。

2020/08/11

カテゴリ:
セキュリティ
脆弱性対策

Contrast Security Japan合同会社

製品資料

Contrast Security Japan合同会社

情報漏えいの要因となるWebアプリとAPIの脆弱性、ランタイムでの保護が重要に

WebアプリケーションやAPIの脆弱性を突き、情報漏えいを狙う攻撃は、いまだに勢いが衰えない。その背景には従来セキュリティの限界があるという。こうした状況において、求められるセキュリティの要件とは何か。

2020/08/11

カテゴリ:
セキュリティ
脆弱性対策

Vectra Japan株式会社

製品資料

Vectra Japan株式会社

IDS/IPSの弱点を解消、マルチクラウド時代に選ぶべき脅威検知/対応の最適解

既知の攻撃しか検知できない従来型IDS/IPSは、標的型攻撃など進化する脅威には対応が難しく、運用面でも負荷が高い。そうした課題を解決するものとして注目したいのが、AIを活用したネットワーク脅威検知/対応プラットフォームだ。

2020/08/11

カテゴリ:
セキュリティ
IDS/IPS

Vectra Japan株式会社

レポート

Vectra Japan株式会社

その特権アクセスは信頼できる? 調査で見えた「脅威の現状」と対策

特権アカウントによるアクセスが組織のシステムを危険にさらすケースが明らかになっている。重要な認証情報が盗まれ、マルウェアやフィッシングも含めたさまざまな攻撃が可能となるほか、内部の人間が不正を働く場合もあり、対策が必要だ。

2020/08/11

カテゴリ:
セキュリティ
アクセス管理

Vectra Japan株式会社

レポート

Vectra Japan株式会社

効率的なセキュリティ対策に不可欠、調査に見るサイバー攻撃の業界別傾向

企業がセキュリティ対策において、限られたリソースの中で運用効率とROIを高めていくためには、攻撃者の振る舞いの傾向を把握しておくことが重要だ。そこで本資料では、9つの業界の350社をサンプルに、サイバー攻撃の傾向を検証する。

2020/08/11

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

5053件(31〜40件を表示しています)