IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

「中堅・中小企業とIT」の検索結果一覧(4ページ目)

「中堅・中小企業とIT」の資料は、無料でダウンロードが可能です。「中堅・中小企業とIT」の比較・検討は ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

1850件(31〜40件を表示しています)

ワウテック株式会社

事例

ワウテック株式会社

現場内のコミュニケーションを円滑化、鹿島建設のビジネスチャット活用術

現場内でのコミュニケーションの円滑化を課題としていた鹿島建設。この問題を解決したのが、高いセキュリティと誰にでも扱える利便性を兼ね備えたビジネスチャットだ。同社事例からその効果について詳しく紹介する。

2022/08/03

カテゴリ:
情報系システム
コラボレーション/チャット

ワウテック株式会社

事例

ワウテック株式会社

緊急時の情報共有を迅速化、イオンディライトに学ぶビジネスチャット活用術

企業の危機管理において、情報共有の迅速化は至上命令の1つだ。電話中心のアナログな社内コミュニケーションを行っていたイオンディライトでは、ビジネスチャットの活用によって、よりリアルタイムで迅速な情報共有を実現している。

2022/08/03

カテゴリ:
情報系システム
コラボレーション/チャット

ドキュサイン・ジャパン株式会社

レポート

ドキュサイン・ジャパン株式会社

実態調査:脱・紙文化の流れが加速か、電子契約/署名の便利さを94%が実感

紙とハンコの文化が抱える課題の解決手段として注目される電子契約/電子署名サービス。DX(デジタルトランスフォーメーション)推進の鍵として注目される一方、いまだ導入に踏み切れない企業も多い。調査により、導入課題を明らかにする。

2022/08/03

カテゴリ:
情報系システム
コンテンツ/ドキュメント管理

株式会社野村総合研究所

製品資料

株式会社野村総合研究所

高度化するITサービスマネジメント、ITIL 4の認証取得における審査のポイントは

ITサービスマネジメントの最新版ガイドライン「ITIL 4」では、「さらなる自動化」「分析・レポート」「外部連携」などが求められている。ITSMとITILを改めて整理しつつ、認証制度である「PinkVERIFY ITIL 4」の審査ポイントを解説する。

2022/08/03

カテゴリ:
システム運用管理
統合運用管理

株式会社野村総合研究所

製品資料

株式会社野村総合研究所

システム運用業務の自動化にはランブックオートメーションが有効

業務の自動化手法として注目されているRPA(ロボティックプロセスオートメーション)であるが、GUI操作など自動化対象が限定的だ。システム運用における業務自動化には、ランブックオートメーションの方が適している。

2022/08/03

カテゴリ:
システム運用管理
統合運用管理

株式会社野村総合研究所

製品資料

株式会社野村総合研究所

非効率な運用プロセスを抜け出せないのはなぜ? PDCAサイクルに潜む落とし穴

アジャイル開発の普及などにより、システム開発が大幅に高速化された一方、システム運用の面では非効率なプロセスから抜け出せていない企業は少なくない。その原因の多くは、PDCAサイクルのうちの1つのステップにあるという。

2022/08/03

カテゴリ:
システム運用管理
統合運用管理

株式会社野村総合研究所

製品資料

株式会社野村総合研究所

AIによる自律型システム運用、ナレッジを属人化させずに活用する3つのポイント

AIによる“自律型システム運用”を実現するには、繰り返し学習を重ねるためのデータが必要となるが、これが蓄積できず運用の属人化に悩んでいる企業は少なくない。AIナレッジの共有/活用に不可欠な、環境整備の3つのポイントとは?

2022/08/03

カテゴリ:
システム運用管理
統合運用管理

株式会社野村総合研究所

製品資料

株式会社野村総合研究所

OSSの監視ツールを使うなら知っておきたい、システム運用工数の増大要因と対策

システム監視業務のコスト削減に向けて、OSSの監視ツールを採用する企業は多い。しかし、複数の監視ツールを導入した結果、膨大なメッセージ対応工数に悩まされるケースもある。監視ツール本体に手を加えず、この課題を解決する方法とは。

2022/08/03

カテゴリ:
システム運用管理
統合運用管理

株式会社野村総合研究所

製品資料

株式会社野村総合研究所

ITサービスマネジメントの根幹、「構成情報」が古くて使えない状況をどうする?

ITILに基づくITサービスマネジメントを実践する多くの企業が、その根幹となる「構成管理」に課題を抱えている。開発速度が増し、システム変更が頻繁に行われる現在、構成情報を陳腐化させず、最新の状態で保つにはどうすればよいだろうか。

2022/08/03

カテゴリ:
システム運用管理
統合運用管理

HashiCorp Japan 株式会社

Webキャスト

HashiCorp Japan 株式会社

OSS版から有償版への移行で課題解消、横河電機のDevOpsを支えるIaCツールとは

古くから自社の開発環境にDevOpsを取り入れている横河電機では、その一環として、OSSによるインフラ構成管理の自動化を進めていた。しかし、開発体制の大規模化に伴い、OSSの課題が顕在化した。これを解消した方法とは?

2022/08/02

カテゴリ:
システム開発
DevOps/DevSecOps

1850件(31〜40件を表示しています)

「中堅・中小企業とIT」に関連するカテゴリ

中堅・中小企業とIT