ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

「ネットワーク」の検索結果一覧(3ページ目)

「ネットワーク」の資料は、無料でダウンロードが可能です。「ネットワーク」の比較・検討は TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

1591件(21〜30件を表示しています)

トレンドマイクロ株式会社

事例

トレンドマイクロ株式会社

標的型攻撃など深刻化する脅威、IT分野26社のアプローチに学ぶセキュリティ対策

標的型攻撃など脅威の深刻化により、各種サービスにおける顧客情報の保護には一層のセキュリティ強化が求められる。厳密なセキュリティポリシーを守る一方で時代に適した業務環境を整えるには、これらを両立するセキュリティ対策が必要だ。

2018/11/30

カテゴリ:
セキュリティ
クラウドセキュリティ

トレンドマイクロ株式会社

事例

トレンドマイクロ株式会社

侵入を前提とするセキュリティ対策、金融・保険業界が選んだ「多層防御」とは

昨今のサイバー犯罪動向や金融庁の指針から、金融・保険業界では脅威の侵入を前提とした対策が求められている。PCI DSS要件への対応や標的型メール攻撃への対策などの課題を解消し、「多層防御」を実現した11社の事例を紹介する。

2018/11/30

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

日商エレクトロニクス株式会社

製品資料

日商エレクトロニクス株式会社

無線LAN環境のリプレース時にRFPに盛り込むべき15の要件

今や必須のビジネスインフラである無線LAN環境だが、リプレースを検討する企業が増えている。回線速度、運用性や拡張性、セキュリティの課題等、多くの検討すべき点を押さえリプレースに失敗しないためにRFPに盛り込むべき要件とは?

2018/11/30

カテゴリ:
ネットワーク
無線LAN/WAN

CA Technologies

製品資料

CA Technologies

脅威分析で特権アカウントを保護、自動的に脅威を緩和するための4つのステップ

アウトソーシングなどを利用する機会が増え、特権アカウント管理が複雑化したことで、セキュリティ上のリスクが増大している。そこで、脅威分析によって自動的に適切なリスクの低減を行い、特権アクセスを保護する手法を紹介する。

2018/11/28

カテゴリ:
セキュリティ
証跡管理

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

製品資料

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

国内と海外で変わるネットワーク要件、海外拠点と高速かつ確実に通信するには?

グローバルビジネスにおいて、ネットワークが課題となる企業は多い。国内と比べ、速度や安定性がどうしても劣ってしまう。解決策もあるが、コストや導入・運用の負担など一長一短がある。しかし、近年はより現実的な選択肢が登場した。

2018/11/28

カテゴリ:
ネットワーク
ネットワーク管理

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

製品資料

株式会社シーディーネットワークス・ジャパン

多数のクラウドWAFの中から、最適なサービスを選ぶための「5つのポイント」

Webアプリケーションの脆弱性対策として、クラウドWAFの採用が増えている。ただ、コストや扱う情報の種類、運用体制など、企業によって最適なサービスは異なる。そこで、本資料では最適解を選ぶための5つのポイントを紹介する。

2018/11/28

カテゴリ:
セキュリティ
脆弱性対策

ダークトレース・ジャパン株式会社

技術文書

ダークトレース・ジャパン株式会社

正常な通信パターンを“自己学習”、未知の脅威に強い最新機械学習セキュリティ

未知の脅威への有効策として注目される、機械学習を活用したセキュリティ対策。だが学習には既存の攻撃DBが必要になるため、作成の手間や見落としは避けられない。そうした人間の介在による課題を解決する、新たな機械学習アプローチとは?

2018/11/16

カテゴリ:
データ分析
AI/機械学習/ディープラーニング

ダークトレース・ジャパン株式会社

事例

ダークトレース・ジャパン株式会社

未知の脅威への自動対処を実現、9つの事例で探るAIセキュリティの実力とは?

脅威の兆候を示す“逸脱”を特定、数秒のうちに無害化するAIの活用は、セキュリティ対策に不可欠なものとなりつつある。マルウェアやフィッシング詐欺、IoTデバイスやクラウド環境など9つの事例から、その実力を探る。

2018/11/16

カテゴリ:
データ分析
AI/機械学習/ディープラーニング

ダークトレース・ジャパン株式会社

製品資料

ダークトレース・ジャパン株式会社

人手による基準のバラつきを解消、AIで進化する脅威検知ソリューション

人間がルールを設定するSIEM製品などで“異常”な通信を識別することは、基準のバラつきや非効率な運用といった課題を生む。そこで有効なのが、確率論的判断を用いて機器やネットワークの“生活パターン”を自己学習する「AI」の活用だ。

2018/11/16

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

ダークトレース・ジャパン株式会社

事例

ダークトレース・ジャパン株式会社

脅威検知とネットワーク可視化が急務、大規模医療DBを確実に保護する方法とは?

大規模医療データベースを確実に保護するため、脅威検知とネットワーク内部の可視化が急務となったメディカル・データ・ビジョン。同社がSIEM製品やプロキシサーバではなく、AIを活用したアプライアンス製品に着目した理由とその効果とは?

2018/11/16

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

1591件(21〜30件を表示しています)