IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

「株式会社マクニカ」のホワイトペーパー一覧(1ページ目)

株式会社マクニカの製品資料、技術資料は、無料でダウンロードが可能です。比較・検討は ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

50件(1〜10件を表示しています)

製品資料

多様化する侵入経路と攻撃対象に備える、DX環境におけるセキュリティ対策とは

数年前のサイバー攻撃は、USB、Web、メールの3点を考慮していれば多くの攻撃を防げた。しかし近年では、侵入経路や攻撃対象が多様化し、サイバー攻撃の範囲が広がっている。このような時代にふさわしいセキュリティ対策とは。

2024/04/18

カテゴリ:
セキュリティ
エンドポイントセキュリティ/EDR/EPP
製品資料

システム連携が社外にも拡大、取引先のセキュリティ状態はチェックできている?

グループ会社や取引先とのシステム連携が拡大したことで、社外のセキュリティ対策状況を把握・監査する仕組みが必要になった。だが、他社のセキュリティ状態の監査となるとかかる手間も自社の比ではない。効率的な方法はないものか。

2024/04/08

カテゴリ:
セキュリティ
脆弱性対策
Webキャスト

アンケート形式は不十分? サプライチェーン攻撃対策に有効な可視化の実現方法

サプライチェーン攻撃への対策としてアンケート形式を採用する企業は多い。しかし、主観的な評価になってしまい、攻撃者から見ると“甘い”と見なされる可能性も高い。攻撃者から狙われないためには、どうすればよいのだろうか。

2024/04/08

カテゴリ:
セキュリティ
脆弱性対策
レポート

情シス担当135人が回答、他では聞けない「リアルなセキュリティ対策」の実態

セキュリティ対策としてアンチウイルスやEDRを導入している企業は多いが、サイバー攻撃が進化している中、それだけでは保護が不十分な領域が発生してしまう。今求められる対策とは何なのか、2024年の調査結果を基に考察する。

2024/04/08

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃/サイバー攻撃
製品資料

情報漏えい対策はSIEMだけでは不十分、自社でログを分析できる体制の作り方

攻撃対象領域の拡大、内部不正の増大などにより高まる情報漏えいリスク。その対策としてSIEMを導入する企業は多いが、インシデント発生時に説明責任を果たすためには、自社でログを柔軟に分析・調査できる体制も必要だ。その作り方とは?

2024/04/04

カテゴリ:
セキュリティ
情報漏えい対策
製品資料

攻撃対象領域が増えた今、「外部公開されているIT資産」をどう可視化すべきか

デジタル化の進展によりサイバー攻撃の対象となる領域が増えている。これまでの主要な攻撃はUSB、Web、メールを経路として社内に侵入するものだったが、いまはVPNやリモートデスクトップなどの外部公開資産を特に警戒しなければならない。

2024/03/12

カテゴリ:
セキュリティ
脆弱性対策
製品資料

工場スマート化やIoTで脅威リスクが高まる製造業、対策の第一歩はどこから?

工場のスマート化やIoTによって、製造業におけるサイバー脅威リスクが高まっている。対策の第一歩はデバイスの可視化だが、IT/OT両方の環境を包括的に可視化するのは簡単ではない。先に取り組んだ企業はどんな手段を採用しているのか。

2024/03/08

カテゴリ:
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
製品資料

ゼロトラストに基づく「3点防御」を実現、SSE導入のステップと製品選定のコツ

多くの組織が従来のネットワーク境界防御からゼロトラストへの移行を進めている。その実現にはSASEやSSEの導入が必要だが、思うように導入が進まないというケースは意外と多い。そこで本資料では、SSEの導入ステップなどについて解説する。

2024/03/06

カテゴリ:
セキュリティ
ゼロトラスト/SASE/SDP

50件(1〜10件を表示しています)