ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

「セキュリティ」の検索結果一覧(3ページ目)

「セキュリティ」の資料は、無料でダウンロードが可能です。「セキュリティ」の比較・検討は TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

3053件(21〜30件を表示しています)

トレンドマイクロ株式会社

事例

トレンドマイクロ株式会社

37事例で読み解く、いま自社のサイバー攻撃対策に足りない“何か”とは?

標的型サイバー攻撃には、サーバやネットワーク、エンドポイントの各レイヤーで適切なセキュリティ対策が必要だ。ここで紹介する9業種・37社のセキュリティ事例は、自社の課題に適した対策を探すのに大いに役立つだろう。

2019/05/14

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

トレンドマイクロ株式会社

レポート

トレンドマイクロ株式会社

日本語だと無視できない――急増する「詐欺・脅迫メール」の最新手口と被害状況

システムの脆弱性を利用したランサムウェアの勢いが急減する一方、近年は「人」の誤解や思い込みを利用したフィッシング詐欺が増えている。そして、一般利用者/法人の間でその被害をさらに深刻化させるのが、詐欺メールの“日本語化”だ。

2019/05/14

カテゴリ:
セキュリティ
フィッシング対策

ゾーホージャパン株式会社

製品資料

ゾーホージャパン株式会社

ログの収集・管理・分析を一気通貫で――簡易SIEMツールは現場をどう変えるのか

ログの管理負担は大きく、多くの担当者を悩ませている。しかし、バラバラのログを一元管理し、Active Directoryのログも可視化、さらに1台のサーバでシンプルに管理運用する──そんな理想的な環境を構築するのは、実は難しくない。

2019/05/14

カテゴリ:
システム運用管理
ログ管理

NTTテクノクロス株式会社

製品資料

NTTテクノクロス株式会社

ビジネススピードを落とさずIT活用を実現するID統制、ID棚卸の姿とは?

人によるID管理を完全になくす事は難しい。むしろ、増えている企業が多い。その背景には加速するビジネス環境の変化に対し柔軟に適応し、ビジネススピードを落としたくないという思いがあった。攻めのIT活用を実現するID統制の姿とは?

2019/05/14

カテゴリ:
システム運用管理
アイデンティティー管理

NTTテクノクロス株式会社

事例

NTTテクノクロス株式会社

ID棚卸を1カ月から1週間に カブドットコム証券に学ぶID管理“逆転の発想”

業務システムの複雑化が進み、ID管理の一元化は限界に達しつつある。それでも、カブドットコム証券が攻めのシステム活用を保ちつつ、正確な全システムのID管理を実現したのは、ID棚卸特化型システムの活用だった。

2019/05/14

カテゴリ:
システム運用管理
アイデンティティー管理

株式会社日立システムズ

製品資料

株式会社日立システムズ

緊急対応から継続的な改善まで、進化するマネージドセキュリティの現在地

セキュリティ環境が変化し続ける中、その運用負担を軽減しつつ、未知の脅威に対応するにはマネージドセキュリティサービスの活用が効率的だ。独自のセンサーにより情報を集約し、SOCの高度化につなげた最新サービスを紹介する。

2019/05/14

カテゴリ:
セキュリティ
脆弱性対策

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

製品資料

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

SIEMとEDRをどう使い分ける? 10のユースケースで考える正しい役割と運用方法

高度化するサイバー攻撃に対処するため、自社でSOCを構築する企業も増えているが、SIEMやEDR、SOARといったツールの活用に悩むケースは少なくない。10のユースケースをもとに、リスクの種類に対するツールの使い分け方を解説する。

2019/05/13

カテゴリ:
セキュリティ
エンドポイントセキュリティ

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

事例

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

ネットワーク内部の脅威を即座に検知、日本マクドナルドに学ぶ「EDR」の選び方

グループを挙げてセキュリティ強化に取り組むマクドナルド。その日本法人では、入口対策をすり抜ける脅威の検知と、ネットワーク内部のリスクの可視化という課題を解消すべく、あるEDR製品を導入した。その決め手となったポイントとは?

2019/05/13

カテゴリ:
セキュリティ
エンドポイントセキュリティ

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

事例

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

コストも人員もかけずに侵入後対策を強化、ジンズが選んだセキュリティ製品とは

アイウェアブランド「JINS」を運営するジンズでは、ECサイトの脆弱性が原因で二度に渡るサイバー攻撃を受け、侵入後対策の重要性を痛感していた。コストと要員不足という同社の課題を解消し、未知の脅威を克服したセキュリティ製品とは?

2019/05/13

カテゴリ:
セキュリティ
エンドポイントセキュリティ

株式会社アウトソーシングテクノロジー

製品資料

株式会社アウトソーシングテクノロジー

セキュリティ人材不足が深刻化、人員を増やす前に考えたい“楽な自動化”とは

セキュリティの重要性が叫ばれる一方で、その人材不足はいまだ解消されていない。ベストな対策は、終わりのない人員増でなく、運用を楽にする自動化だ。サードパーティー製品を含め、セキュリティ環境全体を自動化する方法を紹介する。

2019/05/13

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

3053件(21〜30件を表示しています)