ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

「経営とIT」の検索結果一覧(3ページ目)

「経営とIT」の資料は、無料でダウンロードが可能です。「経営とIT」の比較・検討は TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

3186件(21〜30件を表示しています)

日本アイ・ビー・エム株式会社

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

攻撃者の戦術を超える、次世代セキュリティフレームワークの仕組みとメリット

脅威から的確に組織を守るために、まずは脅威のメカニズムを体系的に理解する。そのような考え方に基づき開発されたサイバー攻撃フレームワーク。このフレームワークから得られる知見を、今後ますます巧妙化する脅威への対応に役立てたい。

2018/11/09

カテゴリ:
セキュリティ
セキュリティ規格/ポリシー

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

製品資料

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

DR対策で注目のNAS、FlashBladeを最大活用し高速リストアを実現する方法

地震などの自然災害や、サイバー攻撃の被害に遭ったとき、サービスの停止を防止する、もしくは1秒でも早く復旧することが組織には求められる。リストアを高速化し、経済損失を最低限に抑えるために考えうる最高のシステムとは?

2018/11/09

カテゴリ:
システム運用管理
ディザスタリカバリ

株式会社日立ソリューションズ

製品資料

株式会社日立ソリューションズ

2018年度税制改正で加速する、年末調整手続き電子化への動き

年末調整の電子化は進む一方であり、2018年度税制改正によって、2020年からは証明書データも電子提出が可能になった。企業として、雇用側・労働者側双方の負担を軽減する、年末調整の電子化について、いまから検討しておくべきだろう。

2018/11/09

カテゴリ:
ERP
人事/給与

株式会社日立ソリューションズ

製品資料

株式会社日立ソリューションズ

パート・アルバイトなどの雇用契約を電子化すべき5つのメリット

正社員に比べ、手続きの回数が頻繁なパート・アルバイトの雇用契約。面倒な紙ベースの雇用契約の手続きを電子化すれば、手続きに費やされる時間と費用、さらにリスクも軽減でき、雇用者側/被雇用者側双方にメリットが生まれる。

2018/11/09

カテゴリ:
ERP
人事/給与

日本リミニストリート

レポート

日本リミニストリート

アップグレードに価値はある? ERP利用企業調査で分かったリスクと回避策

ERP利用企業調査で、費用や手間が原因でアップグレードを行わず、フルサポートを受けられないバージョンを使うケースが多いことが判明した。そうした中、既存ERP利用のリスクを回避しつつ、技術革新を進めるにはどうしたら良いだろうか。

2018/11/09

カテゴリ:
ERP
ERP

日本リミニストリート

製品資料

日本リミニストリート

ソフトウェアサポートに関する9つの錯覚と真実:ベンダー以外の選択肢とは?

エンタープライズソフトウェアには高品質なサポートが不可欠だが、提供元ベンダー以外の選択肢は存在しないと“錯覚”してはいないだろうか。アップグレードやライセンス購入、法規制対応に関して企業が抱きがちな、9つの誤解と真実とは。

2018/11/09

カテゴリ:
ERP
ERP

パロアルトネットワークス株式会社

レポート

パロアルトネットワークス株式会社

米国NSS Labsのテストで検証する、最新エンドポイントセキュリティの検出率

エンドポイントを狙う脅威の深刻さが増す中、多数のセキュリティ製品がリリースされているが、その実効性は見極めがたい。米国の調査機関NSS Labsのテストから、定番製品がうたう能力について実際の効果を検証した。

2018/11/08

カテゴリ:
セキュリティ
エンドポイントセキュリティ

NTTテクノクロス株式会社

事例

NTTテクノクロス株式会社

ID棚卸を1カ月から1週間に カブドットコム証券に学ぶID管理“逆転の発想”

業務システムの複雑化が進み、ID管理の一元化は限界に達しつつある。それでも、カブドットコム証券が攻めのシステム活用を保ちつつ、正確な全システムのID管理を実現したのは、ID棚卸特化型システムの活用だった。

2018/11/08

カテゴリ:
システム運用管理
アイデンティティー管理

グローバルセキュリティエキスパート株式会社

事例

グローバルセキュリティエキスパート株式会社

セキュリティ教育の効果測定で意識向上、丸文に学ぶ「標的型メール訓練」活用術

多くの企業が実施しながら、効果測定が難しい社内でのセキュリティ教育。標的型メール訓練を継続して実施することで、効果の把握とコンテンツ/実施頻度の見直しを実現した丸文の事例から、メール訓練の有用性を探る。

2018/11/08

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

3186件(21〜30件を表示しています)