ITに関する製品や企業の情報総合サイト TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター
TechTarget
ニュース
製品情報
キーマンズネット
ニュース
製品情報
TechFactory
ニュース
製品情報

「経営とIT」の検索結果一覧(3ページ目)

「経営とIT」の資料は、無料でダウンロードが可能です。「経営とIT」の比較・検討は TechTargetジャパン ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

2993件(21〜30件を表示しています)

株式会社アルファネット

製品資料

株式会社アルファネット

「自分は大丈夫」という社員も引っ掛かる――不審メールへの耐性を高める訓練法

標的型メール攻撃による被害が相次ぐ中、対応能力を高めるための訓練の重要性が増している。それでは、従業員が不審メールへの耐性を高め、実効性のある対応能力を身に付けるためには、どのような訓練が必要となるのだろうか。

2018/08/10

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

株式会社エイトレッド

製品資料

株式会社エイトレッド

組織改編・人事異動に強いワークフローの作り方――負担軽減の3つの秘訣

組織改編に強いワークフローシステムのニーズは年々高まっている。大規模な組織改編や人事異動が多い大手や中堅企業では毎年のように複雑なフローの変更が必要となるからだ。そのためにシステムに求められる要件とは何だろうか。

2018/08/09

カテゴリ:
情報系システム
ワークフロー

東京エレクトロン デバイス株式会社

製品資料

東京エレクトロン デバイス株式会社

飛躍的な速度向上と永久保証を実現するNVMe対応オールフラッシュ製品

SSDへ移行し大容量化が進んでいるが、インタフェースがSAS対応ではボトルネックとなるため、NVMe対応のオールフラッシュストレージが求められる。また、Pure Storageは永久保証かつシステム更新不要で、継続的にプラットフォームを利用可能だ。

2018/08/09

カテゴリ:
サーバ&ストレージ
SSD/半導体ストレージ/フラッシュストレージ

Talend株式会社

技術文書

Talend株式会社

世界で強まるデータ保護規制、その包括的な対応を可能にする「16のアプローチ」

データ保護規制が世界各国で成立し、プライバシー侵害やデータ漏えいに対する組織の責任が拡大している。企業は、グローバルコンプライアンスに向けた実践的なアプローチを確立し、国内外の規制に対応できる体制を整備する必要がある。

2018/08/09

カテゴリ:
経営とIT
リスク管理

株式会社ジャストシステム

製品資料

株式会社ジャストシステム

導入企業も意外と知らない、BIツールを“使うべき場面”と“得られる結果”

データの価値を引き出し、正しい戦略に結び付けるには効果的な分析が欠かせない。そこで活用したいBIツールだが、そもそも活用しきれていない企業も少なくない。そこで本資料では、BIツールの活用術を事例も交えて分かりやすく解説する。

2018/08/08

カテゴリ:
データ分析
BI/BA/OLAP

レッドハット株式会社

製品資料

レッドハット株式会社

導入企業の調査結果から見えた、アプリ開発プラットフォームの最適解とは?

市場環境の変化に対応するため、アプリ/サービス開発にはより一層の高速化が求められている。そこで注目されている、DevOpsへの最適化やライフサイクルの効率化を実現するプラットフォームのメリットを、導入企業への調査から探る。

2018/08/07

カテゴリ:
システム運用管理
統合運用管理

レッドハット株式会社

事例

レッドハット株式会社

顧客ニーズの変化に対応、大手ITプロバイダーのアプリケーションインフラ刷新術

アプリケーションに対するニーズが急速に変化する今、企業はどのようなアプリケーションインフラを選ぶべきか。オープンソーステクノロジーをベースとするプラットフォームを導入したITプロバイダーの事例から、その手掛かりを探る。

2018/08/07

カテゴリ:
システム運用管理
統合運用管理

株式会社ファーストプレイス

製品資料

株式会社ファーストプレイス

巨額の損害にどう備える? サイバー攻撃対策におけるリスク管理の最適解とは

標的型攻撃やランサムウェア、内部不正、ヒューマンエラーなど多岐にわたるセキュリティリスク。その対策には、体制やシステムの整備だけでなく、「移転」という考え方も必要だ。中でも効果的なセキュリティリスク保険を紹介する。

2018/08/07

カテゴリ:
セキュリティ
情報漏えい対策

株式会社ファーストプレイス

製品資料

株式会社ファーストプレイス

億を超える賠償もあり得るサイバー攻撃被害、保険でどこまでカバーできるのか?

IT事業のリスクは年々高まっており、巨額の損害賠償請求が話題となるケースも珍しくない。しかし、セキュリティ対策で、このようなリスクをゼロにすることはできない。そこで注目されるリスク保険の有効性を、本資料で詳しく解説する。

2018/08/07

カテゴリ:
セキュリティ
情報漏えい対策

株式会社ディー・オー・エス

製品資料

株式会社ディー・オー・エス

情報漏えいの“内部要因”を排除、記憶デバイスの使用を一括制御する方法とは?

情報漏えいの約9割が、デバイスの紛失や誤操作など「内部要因」によるものだという。これを防ぐには、例えばUSBメモリなどの記憶デバイスの使用そのものを制限することが必要となる。その最適な方法とは?

2018/08/07

カテゴリ:
セキュリティ
情報漏えい対策

2993件(21〜30件を表示しています)