IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

「経営とIT」の検索結果一覧(2ページ目)

「経営とIT」の資料は、無料でダウンロードが可能です。「経営とIT」の比較・検討は ホワイトペーパー ダウンロードセンター をお使い下さい。

5283件(11〜20件を表示しています)

フォーティネットジャパン株式会社

レポート

フォーティネットジャパン株式会社

ITとOTが統合される時代、製造業のセキュリティ対策に求められる要素とは?

製造業のインダストリー4.0時代はITとOTの統合が進む時代でもある。デジタル変革に向けた価値創造のためにもこの統合は不可欠だが、ITとOTではセキュリティに対する考え方が異なるため、新たな発想による対策の導入が求められている。

2020/09/25

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

フォーティネットジャパン株式会社

製品資料

フォーティネットジャパン株式会社

狙われる石油・ガス業界、広範なバリューチェーンのセキュリティ統合が必要に

石油・ガス業界は物理・サイバー両面の脅威に日夜直面している。IoTデバイスの浸透によって監視が容易になる一方で攻撃対象領域も拡大しているため、上流から下流まであらゆるポイントでのセキュリティ強化、さらには統合が必要だ。

2020/09/25

カテゴリ:
セキュリティ
脆弱性対策

フォーティネットジャパン株式会社

製品資料

フォーティネットジャパン株式会社

OTの進化で拡大する攻撃対象領域、CISOが取り組むべきベストプラクティスは

IoTやクラウドなどのテクノロジーの発展を受け、多くの産業施設でOTとITの融合が進んでいる。だが、それは新たなセキュリティリスクも伴うものだ。そこで、この新たな局面でCISOが取り組むべきベストプラクティスを紹介する。

2020/09/25

カテゴリ:
セキュリティ
脆弱性対策

フォーティネットジャパン株式会社

レポート

フォーティネットジャパン株式会社

急成長するSCADA/ICSを脅かすセキュリティリスク、調査から見えた対処法は?

工場などで利用されるSCADA/ICSが、サイバー犯罪者の格好の標的となっている。事業の妨害や身代金の搾取、ライバル国の重要インフラへの侵入など、攻撃で得られるリターンは大きい。現状の課題を認識し、適切なリスク軽減策を打ちたい。

2020/09/25

カテゴリ:
セキュリティ
脆弱性対策

フォーティネットジャパン株式会社

Webキャスト

フォーティネットジャパン株式会社

新型コロナウイルス便乗型攻撃が増加、テレワークの安全性をどう担保する?

新型コロナウイルスの感染拡大によりテレワークが急速に普及する一方で、この状況に便乗したサイバー攻撃が増加している。特に利用の多いビデオ会議ツールの脆弱性をはじめ、企業が今注意すべき点は何か。課題と対策を解説する。

2020/09/25

カテゴリ:
セキュリティ
ファイアウォール

フォーティネットジャパン株式会社

製品資料

フォーティネットジャパン株式会社

テレワーク需要が導入を加速、「NGFW」でセキュアなリモートアクセスを実現する

業務効率化だけでなく、事業継続や災害時における従業員の安全確保のためにテレワークの重要度が急速に高まっている。その実現策として導入が加速しているのが次世代ファイアウォールだ。ユースケースと合わせて、その利点を解説する。

2020/09/25

カテゴリ:
セキュリティ
ファイアウォール

フォーティネットジャパン株式会社

製品資料

フォーティネットジャパン株式会社

トロイの木馬から進化し続けるEmotet、業種や規模を問わない脅威への対抗策は

単純なトロイの木馬として登場した「Emotet」は、強力な拡散力を持つ脅威へと進化し、2020年に入った今もなお国内企業に被害を与えている。この大きな脅威から組織のエンドポイントやメールを効果的に保護する手法を探る。

2020/09/25

カテゴリ:
セキュリティ
ファイアウォール

株式会社イーネットソリューションズ

製品資料

株式会社イーネットソリューションズ

データ活用の差が競争力の差に、高度な分析の実現を阻む課題を解消する方法

あらゆるビジネスシーンでデータ活用の取り組みが進む一方、その成果には各企業で大きな開きが生まれている。より深いデータ分析への取り組みを阻む「ツール」と「人材」の問題に対し、有効な解決策とは?

2020/09/24

カテゴリ:
データ分析
データマイニング/統計解析

日本アイ・ビー・エム株式会社

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

サイバー攻撃最新動向レポート:“新たな脅威”と“かつての脅威”をどう防ぐ?

セキュリティ研究チームが調査したサイバー脅威に関するレポートによると、2019年は「新たな脅威」の登場に加え、「従来の脅威」の復権と新たな使用法が見られた。こうした最新動向を基に、2020年以降に必要な対策を探る。

2020/09/24

カテゴリ:
セキュリティ
標的型攻撃

マクニカネットワークス株式会社

事例

マクニカネットワークス株式会社

2週間で数千万ドルの被害を防いだ「クレデンシャルスタッフィング対策」とは?

流出したID・パスワードを使って、botなどにより不正ログインを自動的&継続的に試みる、クレデンシャルスタッフィング攻撃の被害が増えている。この対策を、2週間という短期間で実現した企業が選んだ方法とは?

2020/09/24

カテゴリ:
セキュリティ
情報漏えい対策

5283件(11〜20件を表示しています)