IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

日本アイ・ビー・エム株式会社

市場調査・トレンド

日本アイ・ビー・エム株式会社

生成AIを悪用したサイバー攻撃が急増、サイバーレジリエンス強化のポイントとは

生成AIの登場により、手口がより高度化・巧妙化したサイバー攻撃。多くのCEOがデータ侵害などの被害を懸念しているが、その対応は遅れているのが実情だ。そこで生成AIを活用してサイバーレジリエンスを高める方法について解説する。

コンテンツ情報
公開日 2024/06/28 フォーマット URL 種類

市場調査・トレンド

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ -
要約
 近年、ビジネスに大きな影響を与えている生成AI。しかし、サイバーセキュリティの分野を見てみると、生成AIが高精度ななりすましや自律型攻撃など、次世代のサイバー脅威を発生させる要因にもなっている。データ侵害の被害額が増大する中、自社がさらされているリスクへの理解を深めるとともに、新たな防御策が必要だ。

 ある調査によると、AI製品を展開する前にセキュリティを確保することが重要だと認識している経営層は、94%に上っているが、実際にサイバーセキュリティ関連を盛り込んでいるケースは、24%にとどまっているという。これは、生成AIに対するサイバーセキュリティの必要性が認識されながらも、その対応が大きく遅れている現状を示している。

 本資料では、生成AIがもたらすサイバー攻撃のリスクについて解説するとともに、それに対抗するためのサイバーレジリエンスを高める方法について紹介する。さらに生成AIを活用する上で、リーダーが知っておきたい3つのポイントを詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。