IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

株式会社セールスフォース・ジャパン

製品資料

株式会社セールスフォース・ジャパン

顧客/商品データの価値を最大化、CRMとAIの連携が顧客体験に及ぼす効果とは?

B2Cビジネスにおいて、ECサイトと店舗における顧客体験を改善することは、企業価値の向上に欠かせない。そこでカギとなるのが、行動履歴などの顧客データと、商品マスターや在庫データの活用だ。これを実現する、CRMとAIの連携方法とは?

コンテンツ情報
公開日 2024/05/30 フォーマット URL 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 5分13秒 ファイルサイズ -
要約
 B2Cビジネスを行う企業にとって、優れた顧客体験の提供は、企業価値を向上させるために欠かせない。そのため多くの企業がCRM(Customer Relationship Management)を既に活用しているが、近年はそこにAIを組み合わせ、より高度な顧客体験の実現を目指すケースも増えている。

 まずポイントとなるのが、顧客データの統合だ。Webサイト上での行動履歴から、モバイルアプリケーションの利用状況、ECサイト上でのアクティビティーまでを集約すれば、顧客をより深く理解できる。さらに、このパーソナライズされた顧客データと、商品マスターや在庫データをAIによって関連付けることで、実店舗のスタッフに対して、来店した顧客へのおすすめ商品を通知するなど、的確かつ迅速な提案/接客を実現できるという。

 本Webキャストでは、仮想の小売企業を例に、CRMとAIの組み合わせによって、店舗における顧客体験がどう変わるのか、詳しく解説する。顧客からの問い合わせや、店舗運営を効率化するためのAIの活用方法も紹介されているので、参考にしてほしい。