IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

日本アイ・ビー・エム株式会社

市場調査・トレンド

日本アイ・ビー・エム株式会社

導入に前向きな一方で懸念も多数、生成AIの本格活用における課題と解決策

生成AIの活用に前向きなCEOが多数を占める一方、信頼性や既存環境との連携など懸念は少なくない。経営者を対象としたグローバル調査の結果を踏まえつつ、本格活用における懸念を解消する次世代AIプラットフォームについて紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2024/05/23 フォーマット URL 種類

市場調査・トレンド

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ -
要約
 経営者を対象としたあるグローバル調査によると、「企業に最も大きな影響を与える外部要因」という質問項目において、2023年はテクノロジーが1位となった。中でも注目度が高い生成AIに関しての追加調査を実施したところ、収益拡大への期待などから早期に生成AIを導入したいCEOに対し、それ以外の役員は準備不足を懸念していることが分かった。

 生成AIがビジネスにおける実践フェーズに入りつつある一方で、信頼性の担保、データの整備、業務プロセスや既存ITとの連携といった点が課題として上がっている。例えば人事評価における倫理的に偏りのない公平性や、学習データに個人情報などが含まれた際のマスキング、関係するプロセスやシステムとの連携にも目を配る必要がある。

 本資料ではこうした調査結果を踏まえつつ、次世代AIプラットフォームが提供する解決策について解説する。透明性や公平性を重視し、独自データ・知的財産をAIライフサイクル全体で追跡・保護することで“信頼できる”AI構築を実現するもので、既にさまざまな分野での活用が進んでいるという。