IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

日本アイ・ビー・エム株式会社

市場調査・トレンド

日本アイ・ビー・エム株式会社

ビジネスにおける生成AI活用:まず理解すべき3つの原則と5つの基本特性とは?

従来のAIとは異なり、“新しいものを生み出す”能力を持った生成AI。業務への活用も進む中で、他社の導入成果が気になる人も多いだろう。本資料では、生成AIの活用事例から、活用に当たって、まず始めに理解すべきことまで詳しく解説する。

コンテンツ情報
公開日 2024/05/23 フォーマット URL 種類

市場調査・トレンド

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ -
要約
 これまでのAIは、チャットbotのように、ある程度準備されたデータの中から関連性の高いものを見つけるものが多かった。これに対して生成AIは、“新しいものを生み出せる”という点が大きく異なっている。また専門知識が不要で誰でも使えるため、業務の省力化や生産性の向上を手軽に実現できる。

 実際に、ある企業では、システムの設定やデータの移行などに必要なプログラミングのコードを、生成AIが自動で生成する仕組みを整え、生産性を約30%も向上させたという。他には、複数の担当部署が約3週間かかっていた苦情への対応業務を15分に短縮させたという事例もある。こうした事例から、生成AIは、要約/検索/コンテンツ生成/コード生成といった作業への活用が効果的であることが分かるだろう。

 生成AIを安全に活用するためには、まずAIの目的やデータの所有権など3つの原則と、説明可能性や公平性など5つの基本特性を理解することが必要だ。本資料では、AI基盤を提供する企業の担当者が、生成AIの基礎知識や活用のポイントを詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。