IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

日本アイ・ビー・エム株式会社

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

AI活用や高度な分析に適した基盤を実現するための、新たなデータ管理方法とは

生成AIの登場によりデータの価値が高まっているが、有効なデータ活用を実現するには、質の高いデータ管理が必要になる。しかし、その管理は決して容易ではない。本資料では、データ管理を高度化させる方法について解説する。

コンテンツ情報
公開日 2024/05/23 フォーマット URL 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 17ページ ファイルサイズ -
要約
 生成AIの出現によりデータの価値が高まり、企業は早くその可能性を活用できるよう競い合っている。有効なデータ活用を実現するには質の高いデータ管理が必須となるが、その管理は容易ではない。ある調査によると、53%のCEOが生成AIの成功を阻むものとして「独自データの欠如」を挙げている。AI活用やデータ分析によってより高い価値を生み出すには、コストを最適化しながらデータ管理を高度化させる取り組みが必要になる。

 そこで本資料では、企業全体でのAI・データ活用をサポートするAI・データプラットフォームを紹介する。加えて、同プラットフォームにおけるAIワークロード実行の前提として、クラウド/オンプレミスなどさまざまな環境にあるデータの一元管理に適したデータファブリックアーキテクチャの意義についても言及している。

 さらには、膨大な量のデータ管理に力を発揮するデータベースのメリットやユースケースなども細かに説明している。AIやアプリケーション、あるいは分析における簡素化されたデータ活用基盤を構築する際の参考にしてほしい。