IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

ゾーホージャパン株式会社

事例

ゾーホージャパン株式会社

マルチベンダーのネット運用に挑んだ慶應義塾、短時間で障害調査ができた理由は

さまざまなベンダーの機器が混在し、管理を複雑にするネットワークのマルチベンダー化は多くの組織にとって悩みの種だ。慶應義塾 理工学インフォメーションテクノロジーセンターもそうした部門の1つだった。この課題をどう解消したのか。

コンテンツ情報
公開日 2024/05/15 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 585KB
要約
マルチベンダーのネット運用に挑んだ慶應義塾、短時間で障害調査ができた理由は
 さまざまなベンダーの機器が混在し、管理を煩雑にするネットワークのマルチベンダー化は多くの組織にとって悩みの種となっている。慶應義塾大学 矢上キャンパスのICT環境を管理している理工学インフォメーションテクノロジーセンター(以下、理工学ITC)もそうした部門の1つだった。

 これまで同キャンパスでは、多様なベンダーのスイッチやルーターなど約200台のネットワーク機器、400台を超える無線LANアクセスポイントで構成される大規模なネットワークを運用してきた。導入時期の異なる機器に対してそれぞれ別の監視ツールを使い分けていたことで、トラブルが起こった際の原因特定や復旧が遅れることが課題に。また、数名しかいないスタッフが入れ替わるたびに、各ツールの操作方法や運用ノウハウを引き継がなければならないのも負担となっていた。

 本資料ではこれらの課題を解消し、ハイブリッドクラウド環境の障害に関する原因調査をはじめ、トラブル発生時の対応時間を5分の1に短縮できた事例を紹介する。