IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

日本アイ・ビー・エム株式会社

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

コストセンターから価値創造の主役へ、生成AIで実現するカスタマーサービス変革

カスタマーサービスは今や、最も即効性の高い生成AIのユースケースとして、多くの経営幹部に認知されるようになった。しかし、生成AIがもたらすビジネス価値を最大化するためには、押さえておきたいポイントが幾つか存在する。

コンテンツ情報
公開日 2024/05/14 フォーマット URL 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ -
要約
 これまで、生成AIを使って素早く価値を生み出せるユースケースは、研究やイノベーション、マーケティングなどの分野だと考えられてきた。しかし今、最も即効性のある分野と目されているは、カスタマーサービスだ。

 その理由として、顧客が求めるパーソナライズされた回答を迅速かつ簡便な形で提供する上で、AIチャットbotが非常に好相性であることが挙げられる。もちろん、顧客対応の全てをAIチャットbotに頼るわけにはいかず、担当者は人間ならではの当意即妙な対応を求められる場面もあるが、そのためのスキル向上を支援するのもまた、生成AIなのだ。

 しかし、AIチャットbotがブランドにそぐわない回答を提示する可能性など、さまざまなリスクを危惧する経営幹部も多い。本資料ではそうした懸念を解消するためのポイントを解説しつつ、カスタマーサービスを皮切りにして、生成AI活用を全社展開するための方法も紹介しているので、参考にしてほしい。