IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社

製品資料

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社

データの一元化から脱却し、あえて分散して管理すべき理由とその実現方法とは

データ活用の民主化を実現するには、データストレージの一元化による中央集権的なデータ管理が必要といわれてきた。しかし今では、あえてデータを分散して管理するアプローチであるデータメッシュが注目されている。その理由を見ていこう。

コンテンツ情報
公開日 2024/05/02 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 1.75MB
要約
データの一元化から脱却し、あえて分散して管理すべき理由とその実現方法とは
 全てのユーザーが使い慣れたツールで、さまざまなデータや分析情報に迅速かつタイムリーにアクセスできる、いわゆる「データ活用の民主化」は、組織にとって理想的な形といえる。このためには、データストレージの一元化による中央集権的なデータ管理の実現が、必須の要件といわれてきた。

 管理権や所有権が部門ごとにバラバラの状態では、データシステム全体の運用に多大なリソースを費やすことになってしまう。その一方で、一元化によって新規のデータソースを組み込んだり、常にパイプラインを最新の状態に維持したりする上で、IT部門への依存度が高まってしまう。これでは、データ活用の民主化から遠のいてしまうといえるだろう。そこで、この課題の解消策として注目されているのが「データメッシュ」というアプローチだ。

 本資料では、分散したデータサイロ単位での管理を実現するアプローチである「データメッシュ」について、概要と構成要素を解説する。併せて、データメッシュに最適化された、理想的なクラウド基盤のアーキテクチャやユースケースについても紹介しているので、参考にしてほしい。