IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

Sansan株式会社

製品資料

Sansan株式会社

4割が活用できずにCRMの足かせとなっている顧客データ、その鮮度を保つためには

顧客ニーズの多様化を受け、CRMなどの導入が拡大しているが、約4割の企業が十分にデータを活用できていない状態にある。保有している情報を活用できる状態にさせるには、より精緻な情報基盤の構築による効率化が必要になる。

コンテンツ情報
公開日 2024/05/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 1.43MB
要約
4割が活用できずにCRMの足かせとなっている顧客データ、その鮮度を保つためには
 顧客とのコミュニケーションが多様化する中、案件の進捗可視化や見込み客の関心向上、蓄積した情報を基にした分析などを目的にCRM(顧客関係管理)やSFA(営業支援)などのツール導入が拡大している。しかし、費用に対して満足のいく効果を得られていないと感じている企業も多い。

 その原因となっているのが、社名変更や吸収合併で古くなった顧客データだ。蓄積したデータの約40%がこうした状態にあり、整合性をとるための入力・修正の手間を増やしてしまっている。また、リード獲得単価分の損失にもつながっている。この課題を解決するには、保有している情報を活用できる状態に進化させ、より精緻な情報基盤の構築が必要になる。

 そこで注目したいのが、信頼性の高い顧客情報の1つである「名刺」の情報を基に、CRM・SFA・MAツール上のデータを正規化し、最新かつ正確な顧客データ基盤を構築するソリューションだ。精度の高い名寄せ技術によりデータを一元化し、重複データのクレンジング作業を大幅に効率化する。本資料では、同ソリューションの特長や導入事例を紹介している。