IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

Slack (株式会社セールスフォース・ジャパン)

Webキャスト

Slack (株式会社セールスフォース・ジャパン)

生成AIの利活用で生産性を最大化、「AI時代の働き方」を実現する3つのポイント

生成AIの登場により、幅広い業種・業界が大きな影響を受けている。最新の研究で判明したAIによる効率化や賃金向上、成果を挙げやすい業務と労働者の傾向について解説するとともに、生産性を最大化するためのポイントを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2023/12/07 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 99分21秒 ファイルサイズ -
要約
 生成AIによる生産性向上が期待される中、かつてIT化で事務や単純作業などのルーティンタスクが代替されたように、生成AIも特定のタスクにおいて人の仕事を代替することが予想される。これにより賃金格差が拡大するリスクもあるが、従来タスクをAIに任せつつ、人がより高度なタスクを行う「タスクトランスフォーメーション」を実現すれば、逆に格差が縮小する可能性もある。

 近年の研究によると、実際カスタマーサービスでは生成AIにより13.4%の生産性向上が見られたが、業務に関するスキルが低い労働者の方が上昇率が高かったという。一方で、ITスキルが高いほど生産性が高まるという研究結果もあり、いかに企業全体でAIリテラシーを高めていくかが、今後の成長を左右する鍵になるだろう。

 本動画では、生成AIの影響について解説した上で、4人の有識者がパネルディスカッション形式で生産性を最大限に高める「生成AI時代の働き方」について紹介している。業務の自動化や、従業員エンゲージメントを高める方法など、3つのポイントをそれぞれの体験談とともに詳しく語る。