IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Twilio Japan合同会社

事例

Twilio Japan合同会社

アジャイル開発はどうすればうまくいく? コストとスピードを両立する秘訣

顧客の業務効率化、コミュニケーションコスト削減に貢献すべく、電話自動応答サービスを提供するIVRy。同社が圧倒的な使いやすさとリーズナブルな価格設定を実現しながら、2週間という短期間でサービスをリリースできた理由とは?

コンテンツ情報
公開日 2022/08/02 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 279KB
要約
 少子高齢化によって労働人口が減少する中、小売業・サービス業の人手不足を解消すべく、電話自動応答サービスを提供するIVRy。同社は電話のデジタルトランスフォーメーション(DX)を促進することで、顧客の業務効率化、コミュニケーションコスト削減に貢献している。

 IVRyが競合サービスと一線を画している理由として、その圧倒的な使いやすさとリーズナブルな価格設定が挙げられる。これらの実現の原動力となったのが、世界中での導入実績を誇り、多種多様なAPIとSDKを備える顧客エンゲージメントプラットフォームだ。同社はその活用により開発工数を抑えることで、導入しやすい価格帯を実現。アイデアの企画からわずか2週間でリリースに至っている。

 また、豊富なAPIから自由に必要なものだけを選択し、機敏に開発できる点が、同社のスタイルにマッチしていたという。現在、IVRyは多業種での導入が拡大し、さらなる展開が期待されている。本資料では、明確なビジョンとアジャイル開発で電話DXサービスを提供する同社の取り組みを紹介する。