IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社野村総合研究所

製品資料

株式会社野村総合研究所

利用料の約半分が不要コスト? マルチクラウドを無駄なく効率的に管理する方法

マルチクラウド活用が広がる一方、管理が行き届いていない領域に起因する不要コストがクラウド利用料の40~50%を占めるといわれるなど、管理方法に悩む企業が増えている。その原因について解説するとともに、有効な解決策を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2022/08/03 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.32MB
要約
 各クラウドの「良いとこ取り」が可能なマルチクラウドは、ベンダーロックイン回避や冗長化、リスク分散などのメリットをもたらす一方で、課題も存在する。運用方法の違いから組織内での統合管理が困難になることをはじめ、利用コストや管理コスト、シャドーITや情報漏えいを防止するためのセキュリティやガバナンスなど、解決すべき問題は多い。

 これらの対応手段として、近年ではマルチクラウド用の管理ツールが注目されている。中でも有力な選択肢の1つが各サービスに対応したプラグインを利用して各種データをデータベースに自動収集するソリューションだ。横断的に蓄積されたデータをクエリやグラフで可視化することで、マルチクラウド特有の管理ハードルを越えられる。

 収集するデータから、利用状況や障害状況、部門ごとの課金状況など、コストの内訳を含む情報をダッシュボード上でしっかり把握できるため、クラウドサービスプロバイダーに支払う利用料のうち、40~50%といわれる不要コストを抑えることができるという。その実力の詳細を、本資料で確認してほしい。