IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ヒューレット・パッカード合同会社

製品資料

日本ヒューレット・パッカード合同会社

HCIはどう選べばよい? 4領域で解説する製品評価時の留意事項

急速に成長するHCI市場で最適な製品を選ぶのは、ますます困難になりつつある。そこで運用のシンプル化、リソース効率、データ保護と耐障害性、グローバルインテリジェンスの活用といった4つの視点から、HCI評価時の留意事項を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2022/08/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 21ページ ファイルサイズ 4.54MB
要約
HCIはどう選べばよい? 4領域で解説する製品評価時の留意事項
 複雑にサイロ化していくコンピュート、ストレージ、ネットワーキングに歯止めをかけ、改善した方法の1つがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。近年、急速に成長している市場であり、コロナ下で拡大したテレワークの導入でもニーズが高まった。その導入に際して重要となるのが「ニーズに沿ったHCI」の選定だ。

 ただ、多機能で進化し続けている、このソリューションは比較が難しい。検討の際の留意事項の1つは、運用のシンプル化だ。チューニング1つとっても、ベンダーによって手動の方が確実で柔軟性があるとするもの、調整不要で最適な状態を実現できるように設計されたものと方向性が分かれる。また、ライフサイクル管理においても、ダウンタイムが発生しないアップグレードパッケージを提供しているかといった違いがある。

 本資料では、こうしたHCI製品を評価する際の留意事項を4つの領域ごとに解説。また、HCIに適したユースケースなども紹介することで、最新のHCIがもたらすビジネスメリットを明らかにしている。すでにHCIを導入済みの企業にとっても、今後の投資戦略をアップデートする指針となるだろう。

Brought to you by HPE and Intel®