IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ゾーホージャパン株式会社

製品資料

ゾーホージャパン株式会社

負荷が高いMicrosoft 365のアカウント管理業務、一元化と自動化の手法とは

Microsoft 365のアカウント管理はActive Directoryで行うのが一般的だが、組織改編時に管理業務の負荷が一気に増大するという課題がある。この負担を軽減するためにはどうすればよいのか。管理業務効率化の最適解を探る。

コンテンツ情報
公開日 2022/07/05 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 17ページ ファイルサイズ 2.52MB
要約
 Microsoft 365のユーザーアカウントは、Active Directoryによって管理されるのが一般的だ。しかし組織の規模が拡大し、ユーザー数が増えるほどその運用管理は複雑化してしまうため、担当部門の負荷が大きいことが課題となっている。

 特に組織改編時に発生する社員の入退社や人事異動に伴う大量のアカウントの変更処理やアクセス権限の整理は、業務工数が大幅に増大する原因となる。人事発令日までにその作業を完了させるべく、場合によってはその前日の営業時間終了後、深夜にかけて作業することを強いられるケースも散見される。

 本コンテンツでは、Microsoft 365の運用において避けて通れないユーザーアカウント管理の負荷に関する課題を指摘した上で、その解決策として、導入実績豊富なActive Directoryアカウント管理ツールの導入を提案している。簡単にアクセス権とアカウントを一括管理できる他、指定日に処理を自動実行する機能などを備える同ツールの特徴を、ぜひチェックしてほしい。