IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社IIJグローバルソリューションズ

製品資料

株式会社IIJグローバルソリューションズ

基礎から分かるSASEの正しい導入方法、SWG方式とFWaaS方式は何がどう違う?

リモートワーク時代のセキュリティ対策で注目されるSASEだが、SWG方式とFWaaS方式という2つの提供形態がある中で、どちらが自社に最適かを選ぶのは簡単ではない。そこでSASEの概要から導入のポイントまで、分かりやすく解説する。

コンテンツ情報
公開日 2022/07/04 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 607KB
要約
 社会で急速にリモートワーク導入が進んだのは周知の事実だが、この変化にセキュリティ対策が追い付いていない企業も少なくない。従来の境界型防御の対策ではカバーしきれないだけでなく、つぎはぎに増強したのでは運用が複雑化しかねない点も悩みの種だ。

 このセキュリティの難しいバランスを保つために注目されているのがSASEである。ただ、SASE市場は多様な製品がリリースされた群雄割拠の様相であり、自社環境に合致するものを見つけるのは容易ではない。そもそもSASEは、提供形態でSWG(Secure Web Gateway)方式とFWaaS(Firewall as a Service)方式の2つに分けられる。どちらもSASEの主要な機能が提供されるが、適用範囲や現行環境との親和性などによって相性は異なる。

 さらに不確実な将来への備えとしては、SASEだけでは不十分な領域もある。そこで本資料では、SASE導入のポイントを解説するとともに、業務効率化やBCP、働き方改革といった視点からデジタル環境全体を見直す考え方を提案している。中長期的な視点も含めた戦略立案のヒントとなる内容になっている。