IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

スーパーストリーム株式会社

製品資料

スーパーストリーム株式会社

経理部門の負担が伴う「インボイス制度」対応、業務を効率化する鍵とは?

2023年10月に施行されるインボイス制度だが、その対応には経理部門の業務負担が伴う。この課題を解決する鍵となるのが、電子インボイスの標準規格である「Peppol」だ。その概要や導入メリットを詳しく解説していく。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/30 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 17ページ ファイルサイズ 1.54MB
要約
 売り手と買い手の正確な消費税額の把握を目的に、2023年10月に施行されるインボイス制度。施行後は、従来の請求書では記載義務がなかった適用税率や税額、登録番号などを明記した「インボイス」(適格請求書)の保存が必須となる。しかし、紙の請求書のやりとりでは、どの債権に対して入金があったのかを正確に把握するのは難しい。

 そこで検討したいのが電子インボイスの導入だが、企業や業界によって会計システムやEDIの仕様は異なるため、電子文書交換は非常に手間のかかる作業といえる。日本企業だけでなく、海外企業とも同一規格の請求書を利用して取引を行うには、電子インボイスの標準規格である「Peppol」(ペポル)への準拠が欠かせない。これにより、請求/入金情報に標準IDが付与できるようになるため、経理部門の業務効率化が可能になる。

 Peppolには多くの導入メリットがあるため、インボイス制度の施行前に理解を深めておきたい。本資料ではインボイス制度の概要を整理した上で、Peppolの基礎知識や導入メリットについて詳しく解説していく。