IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ジャストシステム

製品資料

株式会社ジャストシステム

現場主導のシステム開発、現場・情シスにもたらすメリットと開発時の注意点とは

企業におけるIT活用が進む中、情報システム部門の負荷増大が課題となり、現場が自らシステムを開発・運用することで課題を解消する必要性が高まっている。現場主導のシステム開発を行うメリットや注意点、またその実践法を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2022/07/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 3.55MB
要約
 働き方改革やDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進などを背景にIT活用が進む中、システム開発・運用の中心となる情報システム部門の負荷増大が大きな課題となっている。こうした状況を解消するためにも、現場部門が自らシステムを開発し、運用していく必要性が高まっている。とはいえ、現場社員にはシステム開発の専門知識がないという企業がほとんどだろう。

 昨今は、パッケージソフトやクラウドサービスの他、ノンプログラミングで業務システムを構築できるノーコード開発ツールも登場しているため、そうしたソリューションをうまく活用することで現場主導のシステム開発を推進していきたいところだ。それにより、現場で本当に使いたいシステムを作れる、現場の自主性を生かした運用を行えるといった、現場主導の開発だからこそのメリットも得られる。

 本資料では、現場主導のシステム開発について、実践法や現場・情報システム部門双方にもたらすメリットを解説する。また、運用をスムーズに行うために頭に入れておきたい3つの注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。