IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本アイ・ビー・エム株式会社

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

データ漏えいのリスクに対処、「サイバーレジリエンス戦略」のアプローチとは?

サイバー攻撃をはじめ、企業を脅かすさまざまな脅威に対処するためには、効果的なサイバーレジリエンス戦略でリスク管理を行う必要がある。セキュリティへの体系的アプローチと、その中でストレージが担う役割や活用のポイントを見ていく。

コンテンツ情報
公開日 2022/07/01 フォーマット URL 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ -
要約
 サイバー攻撃をはじめ、人的ミス、システム障害などさまざまな要因で起こるデータ漏えいは、企業に甚大な損害を与える。業務の停止や信用の喪失などによる経済的損失は計り知れず、情報システム部門が、複雑化する脅威に対処して被害を最小化するためには、最新セキュリティへの体系的アプローチが必要だ。

 先進的な企業は既に、セーフガードコピーなどの革新的なストレージ技術を採用していたり、既存の物理エアギャップ手法を利用したりして脅威を食い止め、ビジネスへの期待に応えている。このようなアプローチには、サイバーレジリエンス戦略を取り入れ、適切なリスク管理を実現していくことが重要となる。

 本資料では、NIST(米国国立標準技術研究所)の特定/保護/発見/対応/回復といったフレームワークを利用したサイバーレジリエンス戦略のアプローチと、その中でストレージインフラストラクチャが担う役割について解説する。新たなデータ保護機能を備えたストレージインフラストラクチャで、コストを抑えながらサイバーセキュリティのリスクに対処できるという。