IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

サイオステクノロジー株式会社

製品資料

サイオステクノロジー株式会社

VMware vSphere仮想環境上での金融システム構築、留意すべきポイントとは?

金融システムの障害対策として、VMware vSphere HAやVMware vSphere FTの利用が進んでいる。しかし、その標準機能だけでは、アプリケーションやミドルウェアのレイヤーを保護できないのも事実だ。この課題を解消する方法を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/24 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 31ページ ファイルサイズ 6.81MB
要約
 2021年に金融庁が公表した「金融機関のシステム障害に関する分析レポート」によると、業態全体での障害事象のうち、ソフトウェア/ハードウェアによる障害は4割以上を占めたという。つまり、これらの障害に備えられることが、金融システムに求められる要件といえる。

 しかし、こうしたシステムをVMware vSphere仮想環境上で構築する際には、留意すべきポイントがある。代表的な障害対策であるVMware vSphere High Availability(HA)やVMware vSphere Fault Tolerance(FT)は物理ホスト障害には有効でも、その標準機能だけでは、仮想ホスト上で動作するアプリケーションやミドルウェアの死活監視、復旧などには対応できないのだ。

 本資料では、金融システムに求められる可用性をさらに高めるためのHAクラスタ構成を明らかにし、その実現に役立つソリューションを紹介する。併せて、大手金融/証券会社が採用する、仮想環境上での可用性の確保の仕方を解説する他、金融業界に求められる可用性を実現するポイントについて言及している。