IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本情報通信株式会社

製品資料

日本情報通信株式会社

RDBのコスト問題から自由に、高性能でありながらTCOも削減できる新解決策とは

DX推進において、多くの企業を悩ませているRDBの運用コスト。DXに求められる機能や可用性を確保しつつ、コストパフォーマンスも改善させる難題をどうクリアすればよいのか。解決策となるサーバとRDBのベストミックスとは?

コンテンツ情報
公開日 2022/06/23 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 631KB
要約
 データ駆動型ビジネスへの移行が強く求められる今、「Oracle DB」に代表されるRDB(リレーショナルデータベース)がより重視される一方で、その運用コストが大きな負担となっている。また、AIなどの最新技術のために高性能サーバのニーズも高まっており、環境負荷にも考慮しつつ、DXに貢献できる機能や可用性、コストパフォーマンスを併せ持つRDBと高性能サーバをどう組み合わせるべきか最適解が模索されている。

 そこで浮上した解決策が、透過的なメモリ暗号化や暗号化アクセラレーターを備えたUNIX/Linuxサーバとエンタープライズ向けOSS-DB(オープンソースデータベース)の組み合わせだ。インフラ構成にとらわれないハイブリッド環境構築が可能な上、OSSベースでありながら独自の新機能の追加や継続的なバージョンアップなどのサポートを受けられるため、運用コストを抑えつつ安定稼働を期待できる。

 サーバ、DB、周辺OSS、開発コミュニティー対応も含めた一括窓口による長期サポート体制も整備済みで、移行に際してはアセスメントサービスも用意されている。RDBのコスト問題などをいかに解消し、DXを加速させるか、本資料でそのアプローチを紹介していく。