IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日商エレクトロニクス株式会社

製品資料

日商エレクトロニクス株式会社

Azureでのファイルサーバ構築、4つの選択肢と選定のポイントとは

利用中のファイルサーバからAzureへの移行を検討する場合、幾つかの手法が考えられる。どのような形でAzureを利用するのが自社にとって最適か、本資料で各サービスのメリット/デメリット、移行を成功させるポイントを確認してほしい。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/17 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 56ページ ファイルサイズ 7.79MB
要約
 運用管理コストの削減やBCP対策などの観点から、ファイルサーバのMicrosoft Azure(以下、Azure)への移行を検討している企業も少なくない。しかし、知見やリソースが不足しており、移行が進まないケースもあるようだ。Azure移行計画の立案・実行のベストプラクティスを見つけたい。

 そもそも、Azureでのファイルサーバ構築においては、複数の選択肢が存在する。まずはSMB(Server Message Block)、NFS(Network File System)でアクセス可能なフルマネージドのクラウドファイル共有で、コストが低く導入が容易なサービスが挙げられる。次に、オンプレミス/クラウドの両環境で利用でき、オンプレミスサーバの容量やメンテナンスの削減が図れるファイル共有サービス。さらに、Azureのネイティブサービスや、AzureのIaaS上の仮想マシンでファイルサーバを運用する手もある。

 本資料では、Azureでファイルサーバを構築するための4つの手法について、メリットやデメリット、ユースケース、料金などを紹介する。併せて、パートナー企業の支援を受けてAzureへの移行を成功させた事例についても見ていく。