IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ヒューレット・パッカード合同会社

製品資料

日本ヒューレット・パッカード合同会社

全てのITインフラを従量制へ、「Everything as a Serviceモデル」の優位性とは

クラウドの浸透に伴い、オンプレミスのITインフラに対する企業の考え方も変化している。半数以上の企業が柔軟かつ低コストな従量課金型IT環境を採用するとの予測も出ている。近年の市場動向を基に、最適なIT構築の在り方について考察する。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/16 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 1.28MB
要約
 企業の経営陣や事業部門の幹部がIT部門に寄せる期待が高まり続ける一方で、成果に対するコストへの要求は厳しさを増している。こうした背景から、6割の企業が2023年までに、インフラを購入して減価償却を前提とする従来のCAPEX(資本支出)モデルから、インフラの利用料金を支払うOPEX(運用費用)モデルへの移行を予定していることが、あるレポートで明らかになっている。

 こうした傾向はオンプレミスのインフラ展開においても広がっており、ITベンダーの選択の基準も大きく変化する可能性がある。すなわち、今後は従来型のCAPEXモデルでITインフラを提供するITベンダーではなく、全てのソリューションを従量制で提供する「Everything as a Serviceモデル」のITベンダーの優位性が増していくはずだ。

 本コンテンツでは、近年のビジネス環境を取り巻く4つの市場動向を基に、Everything as a Serviceモデルが強く求められている背景について考察する。そして、コストを抑えて全体のエクスペリエンスを向上させるために必要な、将来のIT運用モデルに最適なITベンダーの姿を明らかにする。