IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本アイ・ビー・エム株式会社

Webキャスト

日本アイ・ビー・エム株式会社

5人の専門家が解説:回復力を意識した包括的セキュリティ対策法

脅威動向に関する最新の調査結果から、サイバー攻撃はさらなる進化を遂げ、その対象範囲も拡大傾向にあることが見えてきた。こうした状況において、組織側も脅威の侵入を前提としたセキュリティ対策にアップデートする必要がある。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/10 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 59分21秒 ファイルサイズ -
要約
 脅威動向に関する最新の調査結果から見えてきたのは、ランサムウェアを中心にサイバー攻撃がさらなる進化を遂げ、その攻撃対象は製造業のOTやIoTへと拡大し、さらにクラウドやLinuxへの攻撃も増加しているということだ。そのため組織は、この現状を把握した上で、サイバーセキュリティ対策のアップデートに取り組む必要に迫られている。

 その取り組みにおいて指標となるのが、情報処理推進機構(IPA)が公開しているサイバーセキュリティフレームワークだ。このフレームワークでは「識別」や「防御」だけでなく、「検知」「対応」「復旧」といった点も体系的に提示されており、脅威の侵入を前提とし、レジリエンシーを重視するという、現代のセキュリティ事情に合わせた内容となっている。

 本コンテンツでは、最新の脅威動向とともに、同フレームワークが提示するセキュリティ対策の実践方法を、5人の専門家が個別セッションで解説している。脅威の防御、検知、侵入後の対応といった対策のプロセスごとに推奨されるソリューションとそのアーキテクチャについても解説されているので、参考にしてほしい。