IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ユーザックシステム株式会社

製品資料

ユーザックシステム株式会社

受発注業務の効率化に不可欠、EOS/Web EDI/メールEDIを一本化する方法とは?

企業間取引における受発注業務には、流通BMSやWeb EDI、メールEDIなどさまざまなEDIが使われているが、このことが業務の煩雑化や属人化の原因となっている。この状態を改善するにはEDIの一本化が欠かせないが、その方法とは?

コンテンツ情報
公開日 2022/05/31 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.79MB
要約
 企業間取引において避けて通ることができない受発注業務。各社はEOSやEDIを使い、取引のデジタル化を進めている。しかし、流通BMSやWeb EDI、メールEDIなど、取引先によってEDIの仕様が異なる場合、人手に頼った受注業務は早々に限界を迎えてしまうだろう。

 こうした背景から業務効率化が叫ばれているが、通信手順が複数あったり、取引先ごとに専用のシステムを使ったりするのは逆に非効率的といえる。業務の煩雑化や属人化を招き、システム化による効果を十分に発揮できないのが実情だ。そのためまずは、さまざまなEDIを受注側のシステムで一本化し、基幹システムへ接続することが重要となる。

 これにより、迅速な出荷や欠品ゼロを実現できる他、顧客からの注文データが貴重なマーケティング資産となり、売れ筋や新製品の開発につなげることも可能となる。本コンテンツではEOS、Web EDI、メールEDIの違いを解説した上で、EDI業務を効率化する秘訣を紹介する。RPAによるWeb/メールEDI業務の自動化についても言及しているので、参考にしてほしい。