IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

プリサイスリー・ソフトウェア株式会社

製品資料

プリサイスリー・ソフトウェア株式会社

4事例に学ぶ、高度なレプリケーションによる最新データ即時共有の効果とは

データがシステムごとにサイロ化した状況では、最新ではないデータを基に意思決定を行ってしまう可能性がある。これでは迅速性に欠けるだけでなく、誤った判断を導く恐れもあるため、リアルタイムのデータ共有が必要だ。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 1.53MB
要約
 データドリブンを推進するにはデータのサイロ化を解消し、リアルタイムで自動化されたデータ共有を実現することが求められる。本資料にはあるデータ統合ソリューションのデータレプリケーション機能を使い、効果的なデータ共有を実現した事例が登場する。

 Amway Indiaは、eコマースチャネルでの販売量を増加すべく、課題であったeコマースアプリとERP間のデータ共有の改善に着手。1日以上遅れて届いていた最新情報の即時共有を完全自動化して、販売プロセスの効率化を実現した。重機会社にサービスを提供するWheeler Machineryは、マネジャーが使用するデータの鮮度やシステム間でのレプリケーションに課題があったが、同ソリューションの導入により一気にこれらを解消した。

 Barona Resort & Casinoは新たな顧客体験の提供に向け、Webポータルの迅速なデータ更新に取り組み、本稼働システムへの負荷を抑えながら目的を実現した。大量のデータからビジネスインサイトを得たいと考えていた医療機器消毒関連のサプライヤーであるGetinge North Americaも、同様に本稼働システムに影響を与えず、最新データを扱えるようにしたという。