IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ユミルリンク株式会社

Webキャスト

ユミルリンク株式会社

脱サードパーティーデータでマーケを変革、いま見直されるメールの有用性とは?

従来マーケティングで重宝されてきたサードパーティーデータだが、利用規制の加速に伴い、企業自らが取得したファーストパーティーデータの重要性が高まっている。その活用法として見直されるメールの有用性と、最適な配信方法を探る。

コンテンツ情報
公開日 2022/05/30 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 9分38秒 ファイルサイズ -
要約
 プラットフォーマーなど第三者が保有するサードパーティーデータは、情報の粒度は低いものの、絶対数が多いことからマーケティングで重宝されてきた。しかし昨今、SafariやChromeにおけるトラッキング/サードパーティーCookieの廃止など利用規制が加速している。また代替策として注目されるセカンドパーティーデータも、“持てる者”が優位なマーケットであるため、今後の取り扱いは不透明となっている。

 そこで重要性が高まるのが、Webサイト経由で問い合わせを受けた顧客の連絡先や、交換した名刺などから企業自らが取得した、「メールアドレス」や「電話番号」といった企業自らが取得したファーストパーティーデータだ。その活用方法はさまざまだが、中でも見直されているのがメールによるアプローチで、コストパフォーマンスが高い上、HTMLによるリッチコンテンツの配信も可能で、高いCVRが見込める。

 本Webキャストでは、ファーストパーティーデータの重要性や、メールの有用性を改めて解説するとともに、その効果を高める配信サービスを紹介している。ステップメールやシナリオ配信、効果測定、レコメンドなどのメールマーケティングについても併せて見ていこう豊富な機能について、詳しく見ていこう。