IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

インフォマティカ・ジャパン株式会社

レポート

インフォマティカ・ジャパン株式会社

CDO&データリーダー必見、調査から学ぶデータ活用の現状と課題への解決策

日本を含むアジア太平洋地域を対象とした調査によると、データはビジネスに多大なメリットをもたらす一方、その増大によって新たな課題を生んでいるという。デジタル化時代のリーダーは、いかにデータ活用を成功に導いているのか。

コンテンツ情報
公開日 2022/05/06 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 27ページ ファイルサイズ 1.54MB
要約
 日本を含むアジア太平洋(APJ)地域を対象とした調査によると、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みを進めている組織は75%に上り、データアナリティクスへの投資は大幅に増加し続けているという。データは組織に多大なメリットをもたらしており、平均66%の組織がデータのビジネス価値を向上させている。

 一方で、データの増加に伴って細分化と複雑化が加速していることも分かった。これは、データへのセルフアクセスを困難にし、データの管理や制御に悪影響を及ぼす問題だ。実際、73%の組織はセルフサービスデータの管理を課題として認識しており、データエグゼクティブは日々の運用管理に多くの時間を割かざるを得なくなっている。

 こうした分散型の環境では、AIの利用が難しくなるだけでなく、セキュリティやコンプライアンスのリスクに直面することになる。本資料では変化するデータ課題と、CDOやデータリーダーがどのようにデータ活用を成功に導いているかを探っていく。