IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本テラデータ株式会社

製品資料

日本テラデータ株式会社

クラウドDWH選びの「5つのポイント」、データの価値を最大化する秘訣とは?

データウェアハウス(DWH)のクラウド移行によるメリットは大きい一方、ガバナンスの欠如やデータのサイロ化など、新たな課題も浮上している。これを解消し、データの価値を最大化するには、どんなクラウドDWHを選べばよいのか。

コンテンツ情報
公開日 2022/03/14 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 1.7MB
要約
 クラウドの普及がもたらすメリットは、データアナリティクスの分野でも大きい。これまで、自前でデータセンターを構えなければならなかったビッグデータの活用も、今はプロバイダーのサービス上に簡単にデータウェアハウス(DWH)を構築することができ、AIなど高度な分析も容易になりつつある。

 一方、クラウドでは気軽にシステムを構築できるため、ガバナンスが効かないことが多く、特定のプロジェクトだけに対応する“ミニDWH”とも呼ぶべきデータマートが乱立し、データのサイロ化が進むという事態も生じている。これを解消し、データの価値を最大化するには、データを一箇所に集めて分析/活用できる環境が必要だが、データには多様なソースやフォーマットが存在するため、一筋縄ではいかない。

 本資料では、そうした課題の解決策として、DWHを中心に据えた「分析エコシステムアーキテクチャ」を構築することを提唱し、その仕組みやメリットについて解説する。あわせて、データの価値を最大化させるクラウドDWHを選ぶための5つのポイントについても紹介しているので、参考にしてほしい。