IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ネットワールド

製品資料

株式会社ネットワールド

SASEがテレワーク時代に注目されるのはなぜ? 柱となる「3つの機能」とは

Gartnerによって提唱された「SASE」(Secure Access Service Edge)は、「ネットワークとセキュリティが統合されたクラウドサービス」と定義されている。柱となる3つの機能を軸に、テレワーク時代に急速に注目される理由を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2022/03/08 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.56MB
要約
SASEがテレワーク時代に注目されるのはなぜ? 柱となる「3つの機能」とは
 コロナ禍以降、テレワークが急速に浸透したことで、物理的な場所に依存しない働き方が当たり前となった。一方で、従来の境界型アーキテクチャに基づいたネットワークセキュリティは現在の分散化したワークスペースに対応できず、クラウドサービスの利用に伴うトラフィックの集中が課題となっている。

 そこで注目されるのが、Gartnerによって提唱された「SASE」(Secure Access Service Edge)だ。その概念は「ネットワークとセキュリティが統合されたクラウドサービス」と定義されており、SD-WANやWAN最適化といったWAN機能に包括的なセキュリティ機能を組み合わせることで、企業の動的なセキュアアクセスニーズをサポートする。

 これによりユーザーは、最寄りのPoP(Point of Presence)を経由して安全にクラウドサービスにアクセスできるようになる。本コンテンツでは、SASEのコンセプトを体現するプラットフォームを取り上げ、その柱となる3つの機能について解説する。その導入を支援するディストリビューターも併せて紹介しているので、参考にしてほしい。