IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

SCSK株式会社

製品資料

SCSK株式会社

サービス基盤クラウド化で変わる負荷分散の要件、ロードバランサーはどう選ぶ?

サービス提供基盤の負荷分散において重要な役割を果たしてきたロードバランサー/ADC。インフラのクラウド移行が進む中、これらのソリューションにもクラウドの最適化が求められる。どんな条件を満たした製品を選べばよいのか。

コンテンツ情報
公開日 2022/03/10 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 26ページ ファイルサイズ 2.2MB
要約
 サービス提供基盤である複数のサーバを冗長化し、負荷を分散させる役割を担うのがロードバランサーであり、Webプロトコルまでカバーするのがアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)だ。ロードバランサーおよびADC製品は市場に数多く存在し、これまで主にオンプレミス環境の負荷分散に貢献してきた。

 一方で、インフラのパブリッククラウドへの移行が加速しており、従来型のロードバランサー/ADC製品では、クラウドで求められる運用の柔軟性や迅速な設定変更、安定性といった要件を満たすことが難しくなりつつある。こうした状況を打開するためには、ソフトウェアとして設計・開発された仮想ネイティブのソリューションが必要だ。

 インテリジェントな負荷分散や高い処理性能、多様な環境へのデプロイなど、ハードウェア製品と同等以上の機能を有しつつ、ソフトウェアベースならではの特徴も兼ね備えるという。本資料では、この仮想ロードバランサー/ADCとそのライセンス、状態管理をワンパッケージで提供するソリューションを詳しく紹介していく。