IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日商エレクトロニクス株式会社

Webキャスト

日商エレクトロニクス株式会社

AI/IoTデータ活用のコツはクラウド間連携、いま必要なネットワークの形とは?

AIやIoT、仮想化などのテクノロジーを最大限に活用したデータ利活用にはクラウド同士の連携が欠かせない。では、クラウドに接続するためのネットワークはどうあるべきか。DXの定義やWANの変遷を踏まえ、最適な方法を探る。

コンテンツ情報
公開日 2022/03/03 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 14分10秒 ファイルサイズ -
要約
 DXにおけるクラウドは、Edge/AI/5G/IoT/仮想化/コンテナなどのテクノロジーが連携・融合するためのプラットフォームとして位置付けられている。今や、つながるデジタル環境、クラウド同士の連携はDXの推進に不可欠な条件となっている。

 では、クラウドに接続するためのネットワークのソリューションはどういったものがあるだろうか。VPNやSD-WANをはじめ、クラウドゲートウェイやネットワーククラウドなどさまざまだが、企業ネットワークの接続先がWANの一部としてどこにつながっているかで、ソリューションの形態も異なるようになった。

 本動画では、DXの定義やWANの変遷、ネットワーククラウドの必要性について解説した上で、クラウドネットワーク環境を短期間で構築できる、SaaS型のマルチクラウド接続サービスを紹介する。大規模クラウド/マルチクラウド環境において、リージョンをまたぐ、異なるクラウドを連携させるためのネットワーク、具体的にはスイッチング、ルーティング、セグメンテーション化、ネットワークポリシーに伴うACL(アクセス制御リスト)などもサービス側で提供するという。