IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

インフォマティカ・ジャパン株式会社

製品資料

インフォマティカ・ジャパン株式会社

データの利活用を成功に導く、クラウドモダナイゼーション戦略の3原則

現代のビジネスで競争力を維持するには、IT環境のクラウドモダナイゼーションを推進し、データドリブンな企業への変革を図る必要がある。最適なアプローチとして掲げられた3つの原則を確認し、モダナイゼーションを成功に導きたい。

コンテンツ情報
公開日 2022/02/24 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 246KB
要約
 あらゆるビジネスにおいてデジタルテクノロジーの活用が不可欠となった現在、IT環境のモダナイゼーションを最優先のタスクとしている企業は増加傾向にある。特に重要視されているのはデータ利活用の分野だ。多くの企業がオンプレミス環境にあるデータウェアハウスやデータレイク、レガシーアプリケーションをクラウドに移行することで、俊敏性や柔軟性、コスト削減、拡張性などを実現しようとしている。

 とはいえ、こうした取り組みを成功させ、ROI(投資対効果)を向上させていくのは容易ではない。実際、目標を達成できずにデータドリブン経営への変革を諦めてしまう企業も多い。

 そこで本資料では、データウェアハウス/データレイク/アプリケーションのクラウドモダナイゼーション戦略を成功に導く最適なアプローチを解説する。「簡素性」「生産性」「拡張性」という3原則を掲げ、これらを網羅したソリューションを導入するメリットを明らかにする。明確な戦略でデータドリブン経営を加速させたい企業にとって、確認する価値は大いにあるはずだ。