IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

インフォマティカ・ジャパン株式会社

製品資料

インフォマティカ・ジャパン株式会社

データの民主化に有効なクラウドデータレイク、価値を最大化するポイントとは

データの信頼度を高め、適切なユーザーが必要なデータに簡単にアクセスできる環境を構築すべく、クラウドデータレイクの導入が進んでいる。しかし、その価値を最大化するには、データガバナンスによる適切な管理が欠かせない。

コンテンツ情報
公開日 2022/02/24 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 567KB
要約
 ある調査によると、データレイクの世界市場規模は2024年に200億ドルを超え、年平均成長率は約20%に達する見込みだという。特にクラウドデータレイクの需要はますます高まっており、その背景には、企業に蓄積されたデータ資産がタイプや形式を問わず増え続けていることがある。

 クラウドデータレイクはビジネスに多くのメリットをもたらすため、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に不可欠な基盤といえる。しかし、手作業による管理は非生産的で遅く、エラーが発生しやすいのも事実だ。この課題を解消するには、合理化と生産性向上が可能で、データレイクの導入を促進させる規模を備えた、インテリジェントかつクラウドネイティブなデータ管理プラットフォームが必要になる。

 具体的には、クラウドネイティブなデータ統合とデータ品質・ガバナンス、メタデータ管理が可能であることが望ましい。本資料では、データガバナンスの重要性を詳説する他、クラウドベースで管理されたデータレイクにより、データの民主化を実現した2社の事例を紹介する。