IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

NTTテクノクロス株式会社

事例

NTTテクノクロス株式会社

サーバ700台の「特権ID」を一元管理、東邦ガス情報システムはどう実現した?

東邦ガス情報システムは約700台のサーバを運用する中で、「特権ID」の管理がセキュリティ上の課題となっていた。特権ID管理の新たな仕組みをつくるべく、4つの選定ポイントを掲げ、あるソリューションを導入した同社の取り組みに迫る。

コンテンツ情報
公開日 2022/02/10 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 3ページ ファイルサイズ 2.42MB
要約
 東邦ガスグループ各社のシステム構築・運用を担っている東邦ガス情報システム。同社では、約700台のサーバの「特権ID」管理をセキュリティ強化の課題としていた。サーバへのアクセスは、専用エリアの設置やICカード認証をはじめ、非常に高いセキュリティで運用されていたが、各サーバの特権IDの利用については、利用者や利用目的を別途管理簿で確認する必要があり、ルールの徹底が難しかったのだ。

 そこで同社は、約700台のサーバの特権IDを一元的に管理できるソリューションを検討。重視したポイントは、「いつ、どのサーバで作業したかを厳格に管理できること」「パスワードの定期的な変更が可能であること」「ワークフローでの承認が実現できること」「作業内容のログを記録できること」の4つである。

 これらの要件を全て満たすソリューションを導入し、特権ID管理の新たな仕組みを完成させた同社では、セキュリティレベルが大きく向上したという。本資料では、同社の取り組みや導入効果を詳しく見ていく。サイバー攻撃においては特権IDが狙われるケースも多いので、ぜひ参考にしてほしい。