IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ServiceNow Japan合同会社

事例

ServiceNow Japan合同会社

約4000システムを単一プラットフォームに統合、第一生命保険の取り組みとは

長期間にわたり個別に形成されてきた複雑なシステムは、いざ連携しようと考えても一筋縄ではいかない。顧客と社員のQOLを向上させるべくDXに取り組み、約4000システム、約5万データベースの統合に成功した第一生命保険の事例を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2022/02/01 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 848KB
要約
 顧客と社員のQOL(生活の質)向上のため、サービス拡充に加えて働き方改革にも積極的に取り組んでいる第一生命保険。働き方改革の一環として、オンプレミスの既存グループウェア刷新を計画した同社は、どこにいても社内の情報にアクセスできる環境を整備して、生産性とサービスを向上させるべく、プロジェクトを推進している。

 既存の基盤上では、約4000のシステムと約5万のデータベース(DB)が稼働しているが、それぞれが十分に連携されておらず、アクセス面で課題があった上、既存グループウェアも業務ごとに個別最適化されていて使いづらかった。こうした状況では、ビジネス環境の急激な変化に柔軟に対応できないとの懸念がプロジェクトの背景にあったのだ。

 そこで、あるクラウド型統合プラットフォームを導入したところ、システム群やDB群を一元化し、複数の部署間やチーム間にまたがる業務プロセスをエンドツーエンドで処理できるようになったという。優れたUIで使いやすく、モバイル端末でも利用できるという同プラットフォームの実力や、同社の取り組みの詳細を、本資料で確認してほしい。