IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社日立製作所

事例

株式会社日立製作所

38台の物理サーバを集約、医療法人 康仁会 西の京病院が選んだHCIの実力とは?

増え続けるデータをいかに効率的かつ安全に管理運用するかという点は、人の命を預かる医療現場においても重要な課題だ。38台の物理サーバをHCIに集約して、医療用システムで必須となる可用性と信頼性の向上を実現した事例を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2022/02/01 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 3ページ ファイルサイズ 1.77MB
要約
 奈良市にある医療法人 康仁会 西の京病院は、「生涯医療」をめざす総合医療施設である。同病院のこれまでのシステムでは、生命線となる電子カルテシステムや放射線、生理検査、内視鏡といった部門システムを、計38台となる個別の物理サーバで稼働させてきた。しかし、設置スペースの不足や障害対応の負担が課題となっていた。

 そこで同病院は、電子カルテシステムのサーバ保守期限を迎えたことを契機に、拡張性や管理性に優れた仮想化基盤への移行を決意する。そこで選ばれたのが、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。中でも同病院は、サポート力に定評があり、ライセンスコストの低減も実現する、ある製品に着目。既に使われていた、SSIの電子カルテとの連携性の高さも決め手となった。

 実質3カ月という短期間で導入されたこのHCIにより、システムの集約が加速。サーバ室のラック占有スペースが大幅に削減され、電気料金も最終的に70%削減できる見通しなのに加え、ダウンタイムも最小化されるなど、多くの効果が生まれている。本資料で、その全貌をぜひ確認してほしい。