IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社日立製作所

Webキャスト

株式会社日立製作所

ハイブリッド/マルチクラウドにも対応、AWSの監視運用をJP1で効率化する秘訣

ハイブリッド環境やマルチクラウド環境の複雑な監視運用に日々苦戦していないだろうか。JP1とCloudWatchを組み合わせて、AWSの監視運用を効率化する方法を、実際のJP1画面を用いて紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2022/01/14 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 8分52秒 ファイルサイズ -
要約
 基幹システムをクラウド移行しても、監視作業は変わらない。対応が必要なメッセージを確認し、発生元ホストから業務システムを特定。メッセージの内容から対応する手順の対処を実施する。ただ、例えばAmazon Web Services(AWS)であれば監視ツール、CloudWatchが提供されており、その作業負担は軽減できる。

 とはいえ、緊急度の高いイベントを見分けたり、調査・対応状況を関係者と共有したりするには手間が必要だ。これらの手間を省き、CloudWatchをより便利に使うには、統合運用管理ツールの併用が望ましい。特に、推奨されるのがハイブリッド環境やマルチクラウド環境に対応し、システムを一元的に運用管理できるソリューションだ。インフラごとに個別の監視ツールを使うといった複雑さを排除できるメリットは大きい。

 本コンテンツでは、このニーズに対応したSaaS型の統合運用管理ツールと、CloudWatchを組み合わせて、AWSの監視運用を効率化する方法を紹介する。イベントのメッセージをオペレーターが瞬時に判断できるように表示、特定の事象をトリガーとした初動対応の自動化なども可能になるなどのメリットもあるという。

※【本キャンペーンは終了しました】動画を閲覧いただいた方の中から抽選で10名に「Amazonギフト券5000円分」をプレゼントいたします。