IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ヒューレット・パッカード合同会社

製品資料

日本ヒューレット・パッカード合同会社

Kubernetes導入で見落としがちなバックアップ、人的エラーのリスクをなくすには

コンテナ/Kubernetesの導入に当たり、IPアドレスの動的な変化を踏まえたバックアップの仕組みをどう作るかという点は、多くの企業にとって課題となる。リソースの意図せぬ削除/更新といったエラーをなくすには、どんな方法が最適か。

コンテンツ情報
公開日 2022/01/14 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 3MB
要約
 スピードと柔軟性を手に入れたい企業が、基幹アプリケーションをコンテナ化するのは自然な流れだ。ただ、コンテナやその運用環境であるKubernetesの導入には、留意点もある。特に悩ましいのが「バックアップ」だ。

 仮想化基盤上でのVMはIPアドレスが固定された静的な環境だが、コンテナはインフラと切り離された状態にあり、IPアドレスが動的に変化するため、従来型のバックアップ方法は利用しがたい。そこで採用が増えているのが、Kubernetesネイティブなバックアップソリューションだ。動的な変化への対応を自動化することで人的エラーを防止し、Kubernetesリソースを意図せず削除・更新してしまうようなリスクに備えられる。

 さらに、異なるクラスタ間のデータ移行など、データ保護以外の用途に役立つ点も大きな魅力だ。本資料では、コンテナおよびKubernetes環境のバックアップを効率化するためのポイントと、その好例といえるソリューションおよび活用法を紹介している。基幹系においてもスピードと安全性を両立する手法を本資料で詳しく見ていこう。