IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Okta Japan株式会社

製品資料

Okta Japan株式会社

拠点の独立性と一元管理を両立、企業のアイデンティティー管理を変える新手法で

複数の独立拠点を持つグローバル企業が、M&Aを含む短期的/長期的な組織拡大を目指す上で、アイデンティティーの一元管理が重要な課題となる。異なる個人データなどの規制に対応しつつ、プロビジョニングコストを抑制するには何が必要か。

コンテンツ情報
公開日 2022/01/13 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 239KB
要約
 複数の独立した拠点を持つグローバル企業にとって、アイデンティティー管理は頭の痛い問題だ。各国で個人データなどの規制が異なるため一元管理が難しいのに加え、従業員へのプロビジョニングでは一時的なアウトソーシングが避けられず、そのコストはIT部門の大きな負担となっている。

 そこで注目したいのが、複数のテナントを使用することで、一元管理されたアイデンティティーを、物理的かつ論理的に分離する「ハブアンドスポーク」のアプローチだ。これにより、ビジネスや技術、コンプライアンスなどの複雑な条件が絡み合う多様なユースケースに対応可能になるほか、複数のテナントを統合することで、シングルサインオン(SSO)とプロビジョニングを短いリードタイムで実現できる。

 本資料では、この新たなアイデンティティーモデルのメリットについて、多数の事業部門を有する大企業、各国で個人データを保有するグローバル企業、サードパーティーへのアウトソーシングを行う企業といった3つの導入モデルをもとに、詳しく解説する。リソース管理を簡素化し、IT環境の柔軟性を高めるその実力を、ぜひ確認してほしい。