IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ウイングアーク1st株式会社

製品資料

ウイングアーク1st株式会社

働き方改革を加速させる好機に、「改正電子帳簿保存法」にどう対応すべきか

電子帳簿保存法の改正で、電子取引には法令要件に沿った「電磁的記録」が必須となった。だが、これは業務のデジタル化を加速させる好機でもある。業務効率化や働き方改革、DXの推進に向け、企業はどんな対策を講じていくべきか。

コンテンツ情報
公開日 2022/01/11 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.88MB
要約
 2022年1月1日の改正電子帳簿保存法の施行に向け、多くの企業が対応を急いでいる。特に注意したいのが、電子取引に「電磁的記録」が必須になった点だ。一方で、スキャナー保存制度には要件緩和が盛り込まれたが、電子取引と同様、証跡には真実性や可視性が求められるため、バックオフィス業務の負担は相当なものになる。

 そこで活用したいのが、AI OCRやRPAといったデジタル技術だ。こうしたツールは既存のシステムやデータとの連携が容易で、業務効率化はもちろん、働き方改革やデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進にも役立つ。また近年ではオンプレミスやクラウドなど運用環境を問わず、APIやアドオンにより異なるベンダーの製品を組み合わせて使えるものも増えている。

 本資料で紹介する文書管理システムもそうした製品の1つで、AI OCR機能や他システムとの連携により、デジタル文書の入口から出口までをカバーする。また、BIダッシュボードやUiPathのRPAプラットフォームとも無償で連携する他、改正電子帳簿保存法の法的要件もクリアしている。